シンNISA講座
~事例と話法でよくわかる活用術~

2023年9月15日新規開講
*Web課題対応講座はこちら

シンNISA講座 <br>~事例と話法でよくわかる活用術~
期間 2ヶ月
テキスト 1冊
添削 2回
受講料 通常添削(税込み) 6,600円
修了資格 2単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

受講対象者

営業店の渉外や店頭等で投資信託等の預り資産の販売に携わるすべての担当者、またはFP有資格者

特色

2024年1月改正対応

地域金融機関が、ネット証券と差別化し顧客に貢献するには、何を理解すればいいのか?回答はこの通信講座にあります。

  • 2022年11月に決定された、政府の「資産所得倍増プラン」では、日本の家計金融資産の半分以上を占める現預金を投資に繋げることで、持続的な企業価値向上の恩恵が資産所得の拡大という形で家計にも及ぶ「成長と資産所得の好循環」の実現を目指すとされ、「シンNISA制度」は核心に位置づけられています。
  • そこで本講座では、「シンNISA制度」に関して、事例と応酬話法でわかりやすく解説します。最終的に、受講者が、「シンNISA制度」に関する知識を得ることで、取引先顧客の拡大とその発展に貢献できることを目指します。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

※一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(4ポイント)

主要内容

第1章 現行NISAと新NISA
・現行NISAと新NISAとは
・新NISAに関する基礎的知識
・iDeCoとNISAの比較からみた投資に係る税金の基礎知識
・資産運用の基礎知識

第2章 NISA提案における留意点 初級編
・「リスク≠元本割れ」の理解に向けて  
・投資開始後の情報収集や投資内容の見直しに関する留意点
・「つみたて投資枠」における毎月積立額の設定について
・分散投資における配分比率の考え方
・他金融機関で「つみたてNISA」を行っている場合の、取引金融機関の変更
・「つみたてNISA」で取引経験がある場合の、新NISA活用についての留意点
・「つみたて投資枠」におけるコストの捉え方
・資産運用における「ドル・コスト平均法」と「バリュー平均法」の違い

第3章 NISA提案における留意点 上級編
・CASE1 20~30代の子育て世代夫婦
・CASE2 30~40代の独身女性
・CASE3 30~40代でFIREに興味がある
・CASE4 50代で「子育て」の出口を見据えた資産運用と相続資産への対応を検討
・CASE5 50代後半~60における退職一時金の扱い
・CASE6 ジュニアNISAの廃止決定後、駆け込みで口座を開設した場合

第4章 フォローアップ
・CASE1 30代における教育資金の準備
・CASE2 40代の女性の保険の見直し
・CASE3 終身保険と「定期保険+NISA(つみたて投資枠)」の検討
・CASE4 NISAとiDeCoの比較
・CASE5 NISA口座での相続対応
・CASE6 住宅ローンの繰上げ返済とNISA

特別レポート 『Face to Face』を重視した提案活動