≪本業支援力を養成≫ケースで学ぶ
企業目利き力レベルアップ講座

<small>≪本業支援力を養成≫ケースで学ぶ</small><br>企業目利き力レベルアップ講座
期間 3ヶ月
テキスト 3冊(毎月15日配本)
添削 3回
受講料 通常添削(税込み) 14,300円
修了資格 3単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

経営支援に関する基礎知識と現場で取引先企業の経営支援手法を実践的に学びたい方

特色

企業の実態を多角的に分析し、経営課題を発掘。

●豊富な事例研究により、企業の経営改善、経営支援のための「目利き力」を習得することができます。
●目利きに必要な「企業を診る視点」とそこで役立つ分析手法、各業種におけるライフステージ別の特徴や企業の実態把握におけるポイント、業種別の特徴および業界動向を踏まえた目利き力発揮の実践方法を読み解きます。
●各章は複数の事例およびそれぞれの観点による目利きのポイントから構成されています。「目利き」をテーマとした、中小企業診断士による座談会も収録しています。
●製造業などの典型業種はもちろん、成長が期待される産業として、医療・介護系やIT系の企業の事例も紹介しています。
●金融業務能力検定「金融業務3級 業種別ベーシックコース」対応講座

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(6ポイント)
●日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15単位) 課目:ライフ

カリキュラム

テキスト 主な項目
1 ツール編
  1. 業界を診る道具
  2. 経営戦略を診る道具
  3. ビジネスモデルを診る道具
  4. マーケティングを診る道具
  5. 財務を診る道具
  6. 経営者・従業員・組織を診る道具
  7. 管理サイクルを診る道具
2 ライフステージ編
  1. 創業期の目利き
  2. 成長期の目利き
  3. 経営改善期の目利き
  4. 事業再生期・事業持続困難期・事業承継期の目利き
3 業種編
  1. 製造業の目利き
  2. 流通業の目利き
  3. 飲食業とサービス業の目利き
  4. ホテル・旅館業と観光産業の目利き
  5. 建設業と不動産業の目利き
  6. 医療事業と介護事業の目利き
  7. その他成長期待産業の目利き

※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。

試験スケジュール

◆本講座と連携する金融業務能力検定(CBT方式)
金融業務3級 業種別ベーシックコース

種目 試験日 試験時間 受験手数料

金融業務3級
業種別ベーシックコース

通年実施

100分 4,400円