所有者不明私道への対応ガイドライン―複数の者が主有する私道の工事において必要な所有者の同意に関する研究報告書

所有者不明私道への対応ガイドライン―複数の者が主有する私道の工事において必要な所有者の同意に関する研究報告書

定価:1,500円+税

編・著者名:共有私道の保存・管理等に関する事例研究会[著]

発行日:2018年12月13日

判型・体裁・ページ数:B5判・並製・124ページ

ISBNコード:978-4-322-13420-9

書籍紹介

「所有者が不明で工事の同意が取り付けられない」
私道の一部の所有者が不明で工事の同意を得られない場合、工事は可能なのか?

「アスファルトの道が陥没していて通行人がつまずきそう」
「私道の地下にある配水管を取り替えたい」
「ゴミボックスを設置したい」
「階段に手すりを設置したい」
「樹木を伐採したい」

発生頻度の高い事例35を厳選!
円滑な共有私道の整備のためのガイドライン

主要目次

第1章 共有私道とその実態
1 共有私道の意義
2 実態調査
第2章 共有私道の諸形態と民事法制
1 民法上の共有関係にある私道(共同所有型私道)
2 民法上の共有関係にはない私道(相互持合型私道)
3 団地の法律関係
4 財産管理制度等
第3章 ケーススタディ
1 私道の舗装に関する事例
2 ライフラインに関する事例
3 その他
第4章 今後に向けて