金融法務事情

2017年10月10日号(2075号)

金融法務事情

CONTENTS

判例評釈

 信用状取引に伴う譲渡担保権の対抗要件としての占有改定
 ――最二小決平29.5.10の意義と射程――
 東京大学 森田 修
 

論 説

 コンセッション型PFIファイナンスの特徴
 ――伝統的なプロジェクトファイナンスとの相違点を中心に――
 弁護士 勝山輝一
 

担当者解説

 銀行法等の一部を改正する法律等の解説
 前金融庁・弁護士 波多野恵亮/前金融庁 井町大慧/金融庁 西澤祐樹/金融庁 竹内裕智
 

関西金融法務懇談会報告

 信託財産に属する土地および固有財産に属する家屋に係る賃料債権に対して、固定資産税の滞納処分としてされた差押えの適法性
 三井住友信託銀行 片岡 雅
 

OPINI論

 信用金庫のガバナンス強化
 しののめ信用金庫・弁護士 横山慶一
 

リーディング金融法務

 新しい信託法の施行から10年を迎えて
 三菱UFJ信託銀行 吉谷 晋
 

最高裁判例特報

 破産債権者が破産手続開始後に物上保証人から債権の一部の弁済を受けた場合において、破産手続開始時の債権の額を基礎として計算された配当額が実体法上の残債権額を超過するときは、その超過部分は当該債権について配当すべきである(最三小決平29.9.12)

法制審ニュース

 〈第11回〉民事執行法改正の最新動向
 民事執行法の改正に関する中間試案のとりまとめ
 〈第5回〉会社法改正の最新動向
 法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会、第5回会議を開催
 ――第4回会議に引き続き第一読会の議論を継続――
 〈第14回〉信託法改正の最新動向
 信託法部会、第44回会議を開催

新連載

 債権管理・回収の初動――新債権法の影響を踏まえながら――
 〈第1回〉初動対応のためのロードマップ
 三菱東京UFJ銀行 中村弘明
 

連 載

 続・金融法務と実務をめぐる7つの物語
 〈第5回〉不動産担保をめぐる事件
 静岡中央銀行 両部美勝
 

スピンオフ

 望ましい金融商品の誘導手法

ベーシックNAVI

●さあ、はじめよう! 金融コンプライアンス・ゼミナール
 〈第5回〉法人登記の読み方
 城北信用金庫・弁護士 青木良介
 
●金融判例に学ぶ 営業店OJT〈融資業務編〉
 株式に対する担保権実行と不法行為
 中国銀行 山下成美
 
●支店長のための労務管理講座
 〈第53回〉高齢者継続雇用と有期契約の無期転換
 弁護士 正田賢司
 

判決速報

  • 銀行が、輸入業者の輸入する商品に関して信用状を発行し、当該商品につき譲渡担保権の設定を受けた場合において、上記輸入業者が当該商品を直接占有したことがなくても、上記輸入業者から占有改定の方法によりその引渡しを受けたものとされた事例

(最二小決平29. 5 .10 原審=大阪高決平28. 3 .30 第1審=大阪地決平27.7.9)

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。