取引先支援のための人手不足解消講座(2カ月コース)

2019年10月新規開講
*3カ月コースはこちらから

取引先支援のための人手不足解消講座(2カ月コース)
期間 2ヶ月
テキスト 2冊
添削 2回
受講料 通常添削(税込み) 11,000円
修了資格 2単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

受講対象者

営業店の渉外担当者ほか

特色

「人手不足」に悩んでいる取引先に対する支援策を徹底解説!!

  1. 中小企業の人手不足が深刻化しています。帝国データバンクの動向調査では、2019年の「人手不足倒産」は185件発生し、前年比20.9%の増加となり、4年連続で過去最多を更新してます。
  2. このような状況のなかで、金融庁は監督指針を改正し、金融機関による人材紹介業務が付随業務として明確化され、その後、同業務への金融機関の参入が相次いでいます。また2019年4月に改正入管法が施行され、介護や建設など人手不足が深刻な業種を対象に、今後5年間で最大34万5,000人の外国人労働者の受入れが見込まれています。
  3. しかし、「人を新しく採用すれば解決する」というケースばかりでなく、人手不足を引き起こしている原因や解決策は取引先ごとに異なります。
  4. 本講座では、人手不足の現状や人手不足への支援策、また昨今注目されている外国人採用への対応を始め、人手不足に悩んでいる取引先に対する具体的な支援策についてわかりやすく解説します。
執 筆

井上 紗和子(多湖・岩田・田村法律事務所 弁護士) /猪瀬 記利 (有限会社ピー・エム スリー 中小企業診断士) /鈴木 正人 (稲葉総合法律事務所 弁護士) /田村 裕一郎(多湖・岩田・田村法律事務所 弁護士) /那須 藤生 (有限会社ピー・エム スリー代表取締役社長 中小企業診断士) /東園 治 /(有限会社ピー・エム スリー  中小企業診断士)  敬称略、五十音順

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

※一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(4ポイント)
-※日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15.0単位 課目:ライフ)

分冊構成と主要内容

第1分冊 人手不足への対応
第1章 人手不足の現状
第2章 人手不足への支援策

  1. 人手不足への対応の基本的な考え方
    人手不足への対応は変革・成長の機会/支援先企業の人手不足の「見える化」/ほか
  2. 業務の生産性向上による対応
    「業務の生産性向上」の3つの視点/人材育成、ITの活用、アウトソーシング/ほか
  3. 人材の採用力・定着力強化による対応
    採用に関する基礎知識/さまざまな採用手法の特徴(求人広告・人材紹介会社・ソーシャルリクルーティングなど)/中小企業の採用力・定着力の強化/ほか
  4. 多様な人材活用の可能性
    女性の活用/高齢者の活用/外国人の活用/障がい者の活用
  5. 各種助成金や公的支援策の活用
    人の採用・雇い入れに関する助成金/職場環境の整備や改善に関する助成金や支援制度/ほか

第3章 外国人採用への対応

  1. 外国人労働者の現状
  2. 改正入管法の概要
  3. 外国人の労務管理(採用から退職まで)

 

第2分冊 〈ケーススタディ〉金融機関に求められる具体的な支援策
第1章 人手不足に悩む取引先支援におけるケーススタディ

  • 人材募集の方法/採用活動の見直し(ハローワーク編/地方企業編/ダイレクトリクルーティング編)/中核人材の採用/女性の活用/シニアの活用/自行の職員(OB)を紹介する留意点/助成金の活用/テレワークの推進/フリーランスの活用/ほか

第2章 外国人労働者におけるケーススタディ

  • 外国人労働者の給与振込口座の開設/外国人労働者における預金口座開設後の顧客管理/外国送金/外国人労働者の在留期間/不法就労者/ほか

※内容・項目等につきましては、 部分的に変更になる場合があります。
※価格は消費税率10%で表示しています。