フードビジネス支援に強くなる講座(2カ月コース)
―生産から加工、流通販売まで―

2019年3月新規開講
*3カ月コースはこちらから

フードビジネス支援に強くなる講座(2カ月コース)<br><small>―生産から加工、流通販売まで―</small>
期間 2ヶ月
テキスト 2冊
添削 2回
受講料 通常添削(税込み) 10,800円
修了資格 2単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

受講対象者

営業店の融資・渉外担当者、本部の融資・審査関連部署担当者

特色

◆フードビジネスの川上から川下まで一貫支援!
 流通ルートの多様化、地域商社の広がり、海外市場開拓の動き等により、フードビジネス支援において、金融機関が役割を発揮できる領域は拡大しています。本講座は、1次産業の農林水産業、2次産業の食品加工業、さらに流通・外食の3次産業まで、Q&A形式でわかりやすく解説しています。また、売上・販路拡大につながった事例を数多く掲載。取引先の商品力・営業力アップを支援する際のポイントを学ぶことができます。
◆HACCP義務化対応 待ったなし!
 2018年6月に食品衛生法が一部改正され、食品衛生管理の手続きを定めたHACCP(ハサップ)への対応が原則すべての食品等事業者に求められることとなりました(公布から2年以内に施行)。また、農産物の安全性などを示すGAP(ギャップ)が2020年東京オリンピック・パラリンピックで使用される食材調達の要件となるなど、日本のフードビジネス業界は安全衛生管理の大幅なレベルアップを求められています。本講座では、HACCPの基本的な考え方から導入手法、食品安全の向上による競争力アップの取組み等を紹介しており、取引先の本業支援に直結します。
◆金融機関による支援事例も紹介!

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

※一般社団法人金融財政事情研究会ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(4ポイント) 
※日本FP協会継続教育研修認定講座(申請予定)

分冊構成と主要内容

第1分冊 基礎編
① フードビジネスの全体像
② 今日の食市場
③ BtoCの戦略と仕組み
④ 食品の製造と管理
⑤ フードビジネスを支える技術
⑥ フードビジネス関連の法規制と規格
⑦ 金融支援

第2分冊 実践編
① フードビジネスにおける新たな価値の創造
 -支援を始める際の心構え-
② フードビジネスの捉え方
 -ニーズをどのように知るか-
③ 商品開発支援
 -魂は細部に宿る-
④ 販路開拓支援
 -顧客との接点を探る-
⑤ これからのフードビジネスに必要な視点
⑥ 金融機関による支援事例(ケーススタディ)

 
※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。
※価格は消費税率8%で表示しています。消費税率が変更になった場合、お申込み日にかかわらず新消費税率が適用される日以降の開講分に関して新消費税率が適用されます。