本業支援に強くなる講座(3カ月コース)
―企業価値向上とベンチマークへの反映―

金融仲介機能のベンチマーク対応
*2カ月コースはこちらから

本業支援に強くなる講座(3カ月コース)<br><small>―企業価値向上とベンチマークへの反映― </small>
期間 3ヶ月
テキスト 2冊
添削 3回
受講料 通常添削(税込み) 13,200円
修了資格 3単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

正誤情報

当講座の追加情報

当講座の追加情報ご覧いただけます。下のPDFボタンを押してダウンロードしてください。

受講対象者

営業店の渉外・融資担当者、管理者、本部の営業企画・融資・審査等関連部署担当者

本講座の特徴

金融庁ベンチマークの重点項目である「本業支援」の実践手法を学び、取引先の企業価値向上に貢献する

  • 取引先に対する「本業支援」が金融機関に求められています。「本業支援」とは、単なる資金仲介にとどまらない、売上向上・製品開発など企業価値向上に資する支援であり、取引先との強い信頼関係をもとに成り立つものです。2016年9月に公表された「金融仲介機能のベンチマーク」においても、本業支援に関連した項目が多数設けられています。
  • 本講座では、第1分冊で、本業支援が求められる理由、取引先との信頼関係を築くための対話スキル、企業価値向上への道筋など、本業支援を実行するうえで必要な基礎知識を学びます。第2分冊では、本業支援、ソリューション提案(創業支援・販路開拓支援など)といった支援の具体的手法を多くの地域金融機関における実際の事例をもとに学び、記述式の添削課題で実践力を身につけます。
執筆

日下智晴(金融庁 総務企画局地域金融企画室長・検査局総務課地域金融機関等モニタリング長)    
有限責任監査法人トーマツ 地域金融活性化推進室  
地域金融機関担当部署

お知らせ

  • 一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(6ポイント)
  • 日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15.0単位 課目:ライフ)

分冊構成と主要内容

第1分冊 基礎編

序 章 金融機関経営における本業支援
第1章 本業支援とは
 本業支援の意義
 本業支援に向けた態勢整備
 本業支援における外部機関・外部専門家の活用
 支店における本業支援強化
第2章 対話の基礎としてのコミュニケーション能力
 情報収集・情報整理力、傾聴力、仮説力、質問力、伝達力
第3章 本業支援のための企業価値源泉の見極め
 企業価値源泉の見極めのフレームワーク
 本業支援の手法

第2分冊 実践事例編

第1章 本業支援
第2章 ソリューション提案
 創業・第二創業支援
 販路開拓支援
 M&A支援
 ファンド活用支援
 事業承継支援 
第3章 中小企業支援策の活用等
 補助金コンサルティング
 知的資産経営報告書の策定支援 ほか
第4章 経営管理体制
 ガバナンスの発揮
 業務推進体制
 業績評価
 人材育成 ほか

 ※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。