決算書をもとに経営者と語り合う方法を学ぶ講座(2カ月コース)


*3カ月コースはこちらから

決算書をもとに経営者と語り合う方法を学ぶ講座(2カ月コース)
期間 2ヶ月
テキスト 2冊(毎月15日配本)
添削 2回
受講料 通常添削(税込み) 9,680円
修了資格 2単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

営業店の若手融資・渉外担当者

特色

  • ほぼ「会話形式」で構成。本講座では、新人の融資・渉外担当者が、「決算書について経営者と何を語るべきか」、先輩の手ほどきを受け、最後に実績を残していくまでをストーリーで学ぶことができます。
  • 金融機関における財務分析ソフトの普及は、業務に効率性をもたらしたものの、金融機関職員自身が、決算書を手計算分析する機会が減少したため、特に若手は、感覚的に決算書を分析し講評するスキルが低下しているといわれています。
  • 決算書は企業にとって「健康診断書」です。経営者は、主治医である税理士から診断を受けていますが、同時に金融機関からのセカンドオピニオンも求めています。
  • 一方で、決算書を分析して、「誤りを発見・指摘する」だけでは、営業活動にプラスをもたらしません。決算書を踏まえ、経営者と対話し、ソリューションを提案することが重要であり、本講座では、その能力のレベルアップを目指します。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(4ポイント)

●日本FP協会 継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15単位) 課目:ライフ

カリキュラム

第1分冊
事前準備 編
Prologue
第1章 基礎知識の確認…決算書の利点を知り限界を知る
第2章 在庫問題
第3章 決算書をもとに経営者と語り合うための事前準備
第4章 決算書をもとに経営者と語り合うためのシミュレーション
第5章 与信推進と「語り合う」ことの関係

第2分冊
顧客訪問実践 編
第1章 長期の資金計画について語り合う
第2章 売掛金の内訳明細について語り合う
第3章 内部不正の防止について語り合う
第4章 事業承継について語り合う
第5章 事業性評価について語り合う
第6章 顧問税理士との付き合い方について語り合う
第7章 総合演習
Epilogue

※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。