≪平成30事務年度対応≫
Q&A 金融行政方針がよくわかる講座

<small>≪平成30事務年度対応≫</small><br>Q&A 金融行政方針がよくわかる講座
期間 2ヶ月
テキスト 1冊
添削 2回
受講料 通常添削(税込み) 7,560円
修了資格 2単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

本講座について

当講座は、平成31年4月開講分より、「変革期における金融ザービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針(平成30事務年度)~」を踏まえた内容に刷新いたしました。

対象者

金融機関の営業店管理者、役席、本部関連セクションの方

特色

金融当局の新方針に金融機関の営業店はどう対応すればよいのか!
 「変革期における金融ザービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針(平成30事務年度)~」をわかりやすく解説!

  • 金融庁が平成27事務年度から公表している金融行政方針は、監督・検査の方針にとどまらず、金融行政に関する当局の方針を網羅的に示す内容となっています。
  • 本講座は、Q&A方式で、主に営業店管理者向けに金融行政の変容と実態を解説するとともに、営業店では具体的にどのように対応したらよいかといった観点から、金融行政方針を読み解き、その内容を営業店で実践できることを目的とします。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

  • 一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(4ポイント)

カリキュラム

序 章
「変革期における金融ザービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針(平成30事務年度)~」の概要

第1章 実践と方針のポイント
 実践と方針を受けて、金融機関では何をどのように対応すればよいですか/検査・監督について、どのように見直せばよいですか

第2章 デジタライゼーションの加速的な進展等への対応
金融デジタライゼーション戦略のITの施策とはなんですか/金融機関は、金融デジタライゼーション戦略にどのように取り組めばよいですか/サイバーセキュリティはどのように対応すればよいでしょうか

第3章 家計の安定的な資産形成の推進
「顧客本位の業務運営」の確立と定着に向けた取組みについて、どのような取組みを行えばよいのでしょうか/「顧客の最善の利益の追求」は、どのような取組みなのでしょうか/「利益相反の適切な管理」はどのように行えばよいのでしょうか/「KPI(成果指標)」はどのようなものがよいのでしょうか

第4章 金融仲介機能の十分な発揮と金融システムの安定の確保
 持続可能なビジネスモデルの構築について、どのように対応したらよいですか/「企業(顧客)から見た金融機関の評価」はどのようになっているでしょうか

第5章 顧客の信頼感・安心感の確保
「コンプライアンス・リスク管理」とはどのようなことでしょうか/「銀行カードローン」ではどのような取組みが必要でしょうか/「多重債務問題への取組み」ではどのようなことが求められるのでしょうか/投資用不動産向け融資ではどのような取組みが必要でしょうか

※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。