出納・手形交換・でんさい実践コース

出納・手形交換・でんさい実践コース
期間 3ヶ月
テキスト 3冊(毎月15日配本)
添削 3回
受講料 通常添削(税込み) 14,300円
修了資格 3単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

追補資料

当講座の追加情報

当講座の追加情報ご覧いただけます。下のPDFボタンを押してダウンロードしてください。

対象者

金融機関の新入・若手職員、窓口担当者、融資・渉外担当者の方

特色

出納・手形交換・でんさいの実務処理能力を養成する

■出納業務とは、現金の収納、支払、整理、保管、操作など、現金の取扱いに関するいっさいの事務のことで、あらゆる銀行業務の基本になるものです。
■出納・手形交換の基本的な仕組みを理解し、正確な事務処理を行うために最適な講座です。銀行業務全般に共通する事務管理の基本的な考え方が自然に習得できるように構成されています。
■手形・振込に代わる新たな決済手段として利用されている電子記録債権「でんさい」についても、平易なQ&A方式で、仕組みや特徴を解説するとともに、でんさいをどのように活用できるか等の観点から、実践的なノウハウを身につけることができます。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(6ポイント)

カリキュラム

テキスト 主な項目
1 出納業務の基礎・管理編
  1. 出納業務のあらまし編
  2. 出納事務の基本編
  3. 収納事務編
  4. 支払事務、締上事務および歳入代理店事務等編
  5. 手形処理事務編
  6. 元方事務編
  7. 資金管理事務編
  8. 事故防止策編
  9. その他の関連事務編
2 手形交換事務と取引停止処分編
  1. 手形交換のあらまし編
  2. 手形交換手続編
  3. 交換尻の決済編
  4. 不渡手形の返還編
  5. 取引停止処分編
  6. 取引停止処分の取消・解除編

    [資料]東京手形交換所規則・施行細則
3 Q&A でんさい実践編
  1. 基礎編
  2. 利用申込み編
  3. 取引編
  4. でんさいの支払不能編
  5. こんなときは…編
  6. その他編

    [資料]株式会社全銀電子債権ネットワーク 業務規程・業務規程細則

※第3分冊は、「Q&A でんさい実践講座」と同一内容です。
※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。