ケースで学ぶ 窓口・渉外担当者のための
投信販売スキルアップ講座

フィデューシャリー・デューティー対応

<small>ケースで学ぶ 窓口・渉外担当者のための</small><br>投信販売スキルアップ講座
期間 3ヶ月
テキスト 3冊(毎月15日配本)
添削 3回
受講料 通常添削(税込み) 11,880円
修了資格 3単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

投信に関する知識はすでにあるが、実際の投信販売に活かせていないという方

特色

顧客ニーズに合致したアプローチ手法を事例で学ぶ

●リテール業務の重点商品として、投資信託に対する能動的な取組みが求められています。適合性の原則等を考慮しつつ、潜在的な顧客層の開拓と取引深耕のため、お客さまのニーズに応じた投信販売のアプローチ法を学びます。
●投信販売には商品知識だけでなく「投資目的・資産規模・投資経験等からお客さまのニーズを総合的に判断していく力」が必要不可欠です。本講座では、商品内容とお客さまの知識、経験、資金使途を座標軸に、想定されうる多様な場面を設定し、「事例+解説」方式で全分冊を通じて約60ケースを掲載。ケーススタディをとおして、実践力を養成します。
●各章末にチェックテスト、各分冊末に用語解説が掲載されていますので、ポイントの習得度合いや疑問点の確認をしながら学習を進めることができます。
●フィデューシャリー・デューティーにも対応し、実践的な提案手法が学べます。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(6ポイント)
●日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15単位) 課目:金融

カリキュラム

テキスト 主な項目

1 <ケーススタディ>
投資信託の販売に必要な知識を身につけよう

  1. 投資信託の仕組みを理解しよう
  2. 投信販売のルールを身につけよう ~フィデューシャリー・デューティー~
  3. マーケットの知識を身につけよう

2 <ケーススタディ>
投信初級者にわかりやすく説明しよう

  1. 「投資信託を購入しようとは、まだ考えていません」~投信未経験者に興味をもってもらうには~
  2. 「投資信託に興味はあるのですが、むずかしそうで迷っています」
  3. 「投資信託の仕組みは理解していますが、具体的にどのように購入すればよいか悩んでいます」
  4. 「どれくらいの金額から始めればよいでしょうか」
  5. 「投資信託の商品選択で迷っていますが、どのような商品がよいのですか」
  6. 「投資信託にかかる税金について教えてください」
  7. 「確定拠出年金がらみで、投資信託にも興味を持つようになったのですが」

3 <ケーススタディ>
資産家、投資経験者にアドバイスしてみよう

  1. 「過去に株式投資で失敗した経験があります」
  2. 「効率的な資産運用をしたいのですが、老後の生活資金なので安全第一でいきたいです」
  3. 「金融資産のうち、どれくらいを投資信託で保有すればよいか悩んでいます」
  4. 「すでに投資信託を保有しているのですが、今後の対応に悩んでいます」
  5. 「最近話題のファンドや、成績のよいファンドはどのような商品ですか」
     投資信託 トラブル実例

※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。