よくわかるデリバティブ入門講座

よくわかるデリバティブ入門講座
期間 3ヶ月
テキスト 3冊(毎月15日配本)
添削 3回
受講料 通常添削(税込み) 18,480円
修了資格 3単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

若手・中堅の融資・渉外担当者、ローカウンターの相談業務担当者など

特色

身近な事例で解きほぐすデリバティブの入門講座
●スワップ、オプションといったデリバティブの基本についてはもちろん、具体的な事例をふんだんに織り込むことで、デリバティブにはじめて接する方にもわかりやすく解説しています。
●営業店において直面することが多いケースを、図解を交えて解説することにより、商品知識やセールスアプローチの要点・注意点をわかりやすく示しています。
●リスク回避、あるいはリスク軽減に対する企業のニーズを類型化して解説していますので、明日からのセールスに活用できます。
●デリバティブ取引における関連法規や会計・税務についても解説しています。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(6ポイント)
●日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15単位) 課目:金融

内容見本

カリキュラム

テキスト 主な項目

1 デリバティブとは

序 デリバティブとは
  1. スワップの基本をマスターする
    1. 金利スワップ/通貨スワップ/ほか
  2. オプションの基本をマスターする
    1. 通貨オプション/金利オプション/ほか
  3. 先物取引を理解する
    1. 先物取引とは/金利先物と金利スワップの関係/ほか
  4. デリバティブのリスクを理解する
    1. スワップ取引の市場リスク/ほか
  5. 様々なデリバティブ商品
    1. 様々なデリバティブ取引の種類/ほか

2 企業ニーズからみたデリバティブの類型

  1. 顧客ニーズと商品の組合せ
    1. デリバティブと企業の財務戦略/金利スワップ・金利オプションの活用/ほか
  2. 顧客ニーズと各種商品
    1. キャップ付ローン/フロアー付ローン/カラーローン/定期預金とデリバティブ取引の組合せ/ほか

3 実践事例によるデリバティブのセールスアプローチ

  1. デリバティブ取引ケーススタディ(1)
    1. ~金利面からのアプローチ~
      固定金利調達の変動化/調達・運用のミスマッチとリスクヘッジ/ほか
  2. デリバティブ取引ケーススタディ(2)
    1. ~為替面からのアプローチ~
      輸出企業の為替リスク対策/輸入企業の間接貿易ヘッジ/ほか
  3. デリバティブ取引の会計と税務
    1. デリバティブの会計と税務の概要/デリバティブ基本取引と会計・税務/ほか