週刊 金融財政事情

2021年7月27日・8月3日・10日号 夏季特大号(3411号)

週刊 金融財政事情

 

                   特集  
      脱炭素革命
    立ち向かう日本

『きんざい Online』のご紹介

スマートフォンPC、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1IDあたり1,320円/月、お支払はPayPalを利用)になりました。記事単位でのご購入も可能です、また無料記事も多数掲載しております。
☞『きんざい Online』のお申込みはこちらから。

 

 

目次

特集

脱炭素革命、立ち向かう日本

総力戦で勝機を探る「脱炭素マネー」争奪戦
編集部
〈インタビュー〉
脱炭素化は成長の好機、日本の産業構造の変革を促す

経済産業省 環境経済室長 梶川 文博
〈インタビュー〉
金融界はパリ協定の目標達成に向けた具体的道筋を提示せよ

気候ネットワーク 国際ディレクター 平田 仁子
気候変動リスクへの対応を巡る3メガバンクの取り組み状況
環境金融研究機構 代表 藤井 良広
脱炭素ポートフォリオの構築に必要な3つの視点
ボストン コンサルティング グループ 平野 聡久/伊藤 興一
コンサルティングを柱とする肥後銀行の脱炭素化支援
編集部
〈インタビュー〉
脱炭素化技術を確立し、「実質ゼロ」への貢献を果たす

日本経済団体連合会 環境エネルギー本部長 長谷川 雅巳
海外投資家は日本に厳しい評価、脱炭素マネー争奪戦でも出遅れ
BNPパリバ証券 チーフESGストラテジスト 中空 麻奈
分かりやすく解説! 気候変動リスクのグローバル規制と各国動向
あずさ監査法人 公認会計士 加藤 俊治

時論

銀行オンラインシステムと東京五輪
日本アイ・ビー・エム 特別顧問 衛藤 公洋

新聞の盲点

山梨県民信組の救済が浮き彫りにする金融行政の現実

NewsSquare

三井住友FGが米ジェフリーズに出資、グローバル戦略を加速
日銀が気候変動対応の「資金供給制度」を決定
ECBがデジタルユーロ発行に向けた本格調査を開始

談論風発

DXで目指す「新しい地銀のかたち」
伊予銀行 頭取 三好 賢治

論考・解説

車両モニタリングと自動車ローンで相対的貧困の解決を目指す
グローバルモビリティサービス 副社長 大島 麿礼
主要国のFATF第4次相互審査結果から読み解く日本への示唆
PwCあらた監査法人 チーフ・コンプライアンス・アナリスト 井口 弘一
シリーズ モデル分析が警告する新型コロナの行方(12)・完
ワクチン接種の効果はいつ現れるのか

プロモントリー・フィナンシャル・ジャパン CEO 大山 剛
加速する行政手続きデジタル化、6つのポイント
内閣府 規制改革推進室 参事官 吉岡 正嗣/主査 伏島 理愛
「サステナブルファイナンス有識者会議報告書」の解説
金融庁 総合政策局 前総合政策課長 岡田 大
回復過程にある日本経済、設備投資は持続するか
信金中央金庫 地域・中小企業研究所 主任研究員 鹿庭 雄介
データから見る地銀「手数料ビジネス」の収益実態
QUICK 羽生田 文登/小川 博幹/大畑 剛
改正マネロンGLで唯一新設、対応急務の貿易金融犯罪対策
あずさ監査法人 AML・CFTアドバイザリー部 竹田 淳一

トレンド

〈株式市場〉
経済再開相場で日本は出遅れ修正、日経平均は3万3,000円へ
大和証券 壁谷 洋和
〈商品市場〉
供給大幅増で原油価格は反落へ
伊藤忠総研 石川 誠
〈ズームアップ経済統計〉
コロナ禍でも堅調な大学生の就職・採用環境
日本総合研究所 下田 裕介

連載

金融と経済と人間と(250)
金融・経済・人間研究者 大森 泰人
中国経済の隠れたリスク(5)
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 研究員 丸山 健太

オンレコ オフレコ

地銀を悩ませるコンビニの値上げ要請

書架

『登記法入門』

豆電球

匿名コラムの意義

次回号(8月17日号)のお知らせ

特集

ベンチャー投資のエコシステム
スタートアップへの投資が拡大している。ベンチャーキャピタルの規模も大きくなり、大型の資金調達を実現するスタートアップも増えている。ただし、海外の投資環境と比べると、日本の規模はまだ小さい。日本のスタートアップが成長していくためにどのようなエコシステムを形成していくべきか。
日本のスタートアップ投資を巡る課題と未来
編集部
蓄積されるスタートアップ経営の技術
慶應義塾大学 琴坂 将広
米中のテック投資事情
DCMベンチャーズ 原 健一郎
急成長する東南アジアのテック企業
ジェネシア・ベンチャーズ 鈴木 隆宏

※一部変更になる場合がございます。

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。