季刊 事業再生と債権管理

2020年10月5日号(秋号・170号)

季刊 事業再生と債権管理

特別企画
動産・債権譲渡担保の現在と展望

特集
「理想的な事業再生システム」の構築に向けて

目次

巻頭言

ABLと新しい動産・債権担保法制への提言
武蔵野大学・慶應義塾大学 池田眞朗

特別企画

動産・債権譲渡担保の現在と展望

【座談会】 動産・債権譲渡担保のさらなる活用に向けて
―第2部 設定・利活用の論点と課題―

三井住友銀行 川瀬高宏
東京センチュリー 久保田栄
弁護士 根津宏行
ゴードン・ブラザーズ・ジャパン 堀内秀晃
弁護士 山形康郎
(聞き手 本誌編集部)

担保法改正の論点と動向

弁護士 粟田口太郎

特集

「理想的な事業再生システム」の構築に向けて

〈座談会第2部〉
事業再生・廃業支援と弁護士の役割

弁護士 加藤寛史
弁護士 河本茂行
中小企業再生支援全国本部 藤原敬三
弁護士 山形康郎
【司会】同志社大学 中西 正

最新論点

●不動産競売事件・市場の現況2020
令和元年度における不動産競売事件の処理状況

最高裁判所 萩原京子
不動産競売物件情報サイト(BITシステム)の売却結果データから読み取る最近の競売市場(2020)

東京地方裁判所・不動産鑑定士 田辺和夫

東京地方裁判所(本庁)における配偶者居住権の負担のある不動産の競売評価

東京地方裁判所・不動産鑑定士 石川茂夫

判例考察

●当事者間の集合債権譲渡担保契約による債権譲渡について真正譲渡ではなく譲渡担保であると認めた上で、当該集合債権譲渡担保権が民事再生法148条1 項所定の担保権消滅許可の対象となるとした事例 ─東京高決令和2年2月14日─
弁護士 志甫治宣

倒産法制・倒産手続の理論・課題・展望

破産者の個人情報 ─個人事件における破産公告の見直し─
中央大学 佐藤鉄男

連載

不動産競売こぼれ話
【第1回】不動産競売にかかる時間
不動産競売手続研究会[編]
● 若手弁護士必読 基礎からわかる法人破産申立て
弁護士 野村剛司 〔監修〕
【第10回】代表者個人に関する問題・経営者保証(1)
弁護士 小川洋子/森 智幸/浅井悠太/管納啓文/山本隼平
改正相続法対応 相続と債権保全Q&A〈第4回(最終回)〉

沖縄事業再生通信  

新型コロナウイルス影響下における民事再生手続
─沖縄におけるレンタカー会社の事例─

弁護士 内田光彦

実務の死角

「アフターコロナ」を語る前に

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。

個人会員向け特別価格について

これまできんざいストアの個人会員の方に「週刊金融財政事情」を特別価格でご提供してまいりましたが、5月1日のお申込みから、通常価格でのご提供になります。

ご理解を賜りますようお願い申し上げます。