金融法務事情

2018年11月25日号(2102号)

金融法務事情

 

 

〈特 集〉
銀行と保険会社の手数料ビジネス

CONTENTS

〈特 集〉銀行と保険会社の手数料ビジネス

 1 手数料ビジネスに関する法的考察
 弁護士 鈴木正人/國分吾郎
 
 2 金融機関から金融取引仲介者への手数料支払に対する規制の動向
      ――保険取引への適用について――

 損害保険ジャパン日本興亜 西羽 真
 

論 説

 民事信託における受益権に関する考察
 弁護士 堀野桂子
 

担当者解説

「公証人法施行規則の一部を改正する省令」の解説

 法務省 竹下 慶
 

関西金融判例・実務研究会報告

 全部相続させる遺言と遺留分侵害額算定に関する最三小判平21. 3 .24等の検討
 三菱UFJ信託銀行・弁護士 鈴木健之
 

OPINI論

 中小企業の事業承継の展望――M&Aの積極的活用の検討――
 弁護士 髙井章光
 

リーディング金融法務

 民事執行法制の見直しに関する要綱の金融実務への影響
 巣鴨信用金庫 平松知実
 

法制審ニュース

 〈第17回〉会社法改正の最新動向
 法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会、第17回会議を開催
   ――要綱案の取りまとめに向け、要綱案(仮案)に基づく検討を実施――

連 載

 銀証連携ビジネスの法律問題
 〈第2回〉 顧客紹介(2)
 弁護士 青山正博
 
 木村がホンネで語る最新回収実務の肝
 〈第8回〉 法的整理手続での回収
 弁護士 木村真也
 
 判例慢歩――実践的判例研究――
 〈第14回〉 匿名組合契約・利益相反取引・善管注意義務
 弁護士 門口正人
 

ベーシックNAVI

■金融判例に学ぶ 営業店OJT〈融資業務編〉
 商法521条と不動産に対する商事留置権
 弁護士 林 敬祐
 
■実務相談室
 保険契約者貸付における破産手続開始後の利息の取扱い
 明治安田生命保険・弁護士 吉田哲郎
 

スピンオフ

 顧客本位の投信販売の行方

判決速報

  • 賃借人が契約当事者を実質的に変更したときは賃貸人は違約金を請求することができるなどの定めのある賃貸借契約において、当該賃借人が吸収分割の後は責任を負わないものとする吸収分割により契約当事者の地位を承継させた場合に、当該賃借人が前記吸収分割がされたことを理由に上記定めに基づく違約金債権に係る債務を負わないと主張することが信義則に反し許されないとされた事例

(最三小決平29.12.19 原審=仙台高決平29. 3 .17 第1審=仙台地決平29. 2 .6)

  • 債権調査期日終了後になされた債権届出につき破産法112条1 項所定の要件を満たさないとして却下した決定に対する即時抗告は不適法であるとした事例

(東京高決平30. 2 .26)

  • 土地の根抵当権者は、根抵当権設定登記請求権を被保全債権として、根抵当権設定者の土地所有名義人に対する妨害排除請求権としての真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記請求権を代位行使することができるとされた事例

(東京地判平29.12.22)

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。