週刊 金融財政事情

2021年12月14日号(3428号)

週刊 金融財政事情

 

                     特集     
      「デジタル敗戦」  
            からの再興      

『きんざい Online』のご紹介

スマートフォンPC、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1IDあたり1,320円/月、お支払はPayPalを利用)になりました。記事単位でのご購入も可能です、また無料記事も多数掲載しております。
☞『きんざい Online』のお申込みはこちらから。

 

 

目次

特集

「デジタル敗戦」からの再興

「60秒でスマホ完結」がデジタル庁の目指す行政手続き
デジタル庁 統括官 楠 正憲
10万円給付の反省から動き出した預金口座とマイナンバー連携
編集部
金融領域でも始まったマイナンバーカード活用の認証サービス
編集部
売り手・買い手双方の経理業務を効率化する「電子インボイス」
デジタル庁 企画調整官 加藤 博之
〈インタビュー〉
インボイス制度の開始がZEDI普及の「ラストチャンス」

全国銀行協会 次長 浅田 寿人
全国銀行資金決済ネットワーク 企画部長 千葉 勇一

論考・解説

データ分析で明らかになる「ESGウォッシュ」の実像
リフィニティブ・ジャパン 社長 富田 秀夫/泉 優花/熊谷 紀香
足元の円安基調で、日銀は金融政策変更に動くか
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一
「弾力的条件変更」を軸に過剰債務問題の解決を図れ
金融コンサルタント 大内 修
金融庁「モデル・リスク管理に関する原則」の狙いと要点解説
金融庁 総合政策局 吉田 高/監督局 田中 康浩
監査法人トーマツ(前金融庁) 東木 圭一郎
米バイデン政権の経済安保政策と日本への示唆
金融ジャーナリスト 岩川 知樹

時論

自由、民主主義消滅の危機
KKRジャパン KKR Global Institute シニアフェロー 斉藤 惇

新聞の盲点

落としどころが見えない新たな預金保険「目標額」

NewsSquare

愛知銀行と中京銀行が経営統合を検討、県内シェア1位に
群馬銀行と第四北越銀行が包括的な連携協定を締結
FRB議長がテーパリング加速を示唆、インフレ対応に軸足

トレンド

〈為替市場〉
米早期利上げで来年半ばまでに1ドル=118円も
明治安田アセットマネジメント 杉山 修司
〈米国経済〉
来年の米利上げはインフレ鈍化で2回にとどまる
信金中央金庫 角田 匠
〈ズームアップ経済統計〉
10月の小売業販売額は3カ月ぶりの前年比増
三井住友DSアセットマネジメント 宅森 昭吉

連載

金融と経済と人間と(267)
金融・経済・人間研究者 大森 泰人
間違いだらけの事業承継(2)
ファミリーゲノム研究所 所長 上野 善久
ひまわり
〈三菱UFJ銀行〉「成長と挑戦」を後押しする人事施策
支店長室のウラオモテ【特別編】
営業店で生かす「事業性評価」の勘所(6)
ロングブラックパートナーズ 城戸 聡
私の支店経営
 碧海信用金庫 御園支店長 坂 松喜
隣の金融機関
愛知銀行
 トリグラフ・リサーチ 代表 大久保 清和
保険の目のつけどころ(66)
ファイナンシャル・プランナー 竹下 さくら
一人一冊
『眼の誕生─カンブリア紀大進化の謎を解く─』
アンドリュー・パーカー 著/渡辺政隆・今西康子 訳/草思社
〈評者〉フューチャー 取締役 山岡 浩巳

豆電球

干天には自ら雨を

次回号(12月21日号)のお知らせ

特集

SBI・新生が映す未来
SBIグループによる新生銀行株式の公開買い付け(TOB)は、土壇場で両者が歩み寄り、銀行に対する初めての敵対的TOBが回避された。銀行に対する各種規制と資本市場の関係、新生銀行が受け入れる公的資金返済への道筋など、本件を通じて浮き彫りになった論点を検証する。
SBIグループが描く新生銀行の新たな成長戦略
SBIホールディングス 副社長 川島 克哉
「合意なきTOB」から見えたもの
編集部
米国の事例に見る「銀行」敵対的買収の重要論点
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 廉 了

※一部変更になる場合がございます。

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。