週刊 金融財政事情

2022年1月18日号(3431号)

週刊 金融財政事情

 

                         特集 
    分散型金融(DeFi)
                     正体

『きんざい Online』のご紹介

スマートフォンPC、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1IDあたり1,320円/月、お支払はPayPalを利用)になりました。記事単位でのご購入も可能です、また無料記事も多数掲載しております。
☞『きんざい Online』のお申込みはこちらから。

 

 

目次

特集

分散型金融(DeFi)の正体

浮き彫りになる課題、検討が進む規制の方向性
編集部
分散型金融が秘めるイノベーションと今後の課題
ジョージタウン大学 教授 松尾 真一郎
足元で広がるDeFiサービスの発展可能性
PwC Japanグループ 丸山 智浩/森 寿昭/中山 大輔/中村 敏
新規制の導入は最小限にし、DeFiサービスの促進に軸足を
創・佐藤法律事務所 弁護士 斎藤 創/浅野 真平

談論風発

地域の課題解決をビジネスにつなげ自らも成長を果たす
秋田銀行 頭取 新谷 明弘

論考・解説

「補助金依存」を防ぐためには経理・財務のデジタル化を
慶應義塾大学 教授 土居 丈朗
経済安全保障によるサプライチェーン国内回帰の副作用
学習院大学 教授 椋 寛
コロナ下の消費動向から考える政策立案手法「EBPM」の意義
経済産業研究所 上席研究員 小西 葉子
〈KINZAIリポート〉
沖縄県労働金庫のLGBT向け住宅ローンが実績を上げる訳

編集部

時論

今、この時代に地方銀行が存在する意義
全国地方銀行協会 会長 柴田 久

新聞の盲点

波紋を呼ぶ、生命保険会社向け監督指針の改正

NewsSquare

東証プライム市場に1,841社、地銀11社はスタンダード市場へ
八十二銀行が地銀最大規模となる300億円のファンドを設立
FRBが資産圧縮に前向き、市場では正常化の加速に警戒感も

トレンド

〈為替市場〉
米利上げは危険な賭け、円安基調は年内1ドル=118円が限度
みずほ証券 上野 泰也
〈商品市場〉
気候変動や経済安保対応で22年のエネルギー価格は高止まり
住友商事グローバルリサーチ 本間 隆行
〈ズームアップ経済統計〉
21年は個人が日本株を10年ぶりに買い越し
三菱UFJ信託銀行 芳賀沼 千里

連載

金融と経済と人間と(270)
金融・経済・人間研究者 大森 泰人
間違いだらけの事業承継(5)
ファミリーゲノム研究所 所長 上野 善久
ひまわり
〈フリー〉コロナ禍の本社拡大移転
支店長室のウラオモテ【特別編】
営業店で生かす「事業性評価」の勘所(8)
ロングブラックパートナーズ 請川 隼人
私の支店経営
 多摩信用金庫 前・大和田支店長 小笠原 秀
あらためて学ぶ金融政策・金融制度(10)
円安のシグナルをどう読み解くか
慶應義塾大学 教授 白塚 重典
一人一冊
『安いニッポン「価格」が示す停滞』
中藤 玲 著/日本経済新聞出版
〈評者〉ジェイ・ボンド東短証券 社長 斎藤 聖美

豆電球

事業再生の「行司役」に疑問符

特別付録

2021年年間総索引

2022年1月25日号(3432号)のお知らせ

特集

2022年版 金融を読むキーワード
コロナ禍が長期化する一方で、経済再開に伴う「リベンジ消費」や供給制約などから世界的にインフレが加速している。それに伴ない各国が金融政策の正常化にかじを切り始めた。2022年の金融分野は、ほかにも押さえておきたいキーワードが満載だ。
 
グリーンファイナンスと気候リスク開示/ポストコロナの事業再生/金融分野の経済安全保障/加速するインフレと金融政策の見直し/証券市場の新区分/幕が上がった金融プラットフォーム競争/預金口座とマイナンバー連携/全銀システム改革/カード業界が直面するIRF問題 ほか

※一部変更になる場合がございます。

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。