金融法務事情

2017年2月25日号(2060号)

金融法務事情

目次

特 集 約款における暴排条項の追加変更と金融取引

 1 債権法改正と各種約款における暴排条項の遡及適用
弁護士 鈴木仁史
 
 2 証券取引口座約款における暴排条項の遡及適用と関連論点
弁護士 鈴木正人
 
 3 契約締結後の約款変更による暴排条項の導入および適用を認めた福岡高判平28.10.4の保険暴排実務に与える影響
弁護士 大野徹也
 

論 説

 銀行API提供に関する利用規約ひな型案と実務上の留意点
弁護士 鈴木由里/落合孝文/谷崎研一
 

判例評釈

 JCOM事件最高裁決定の考察
 ――その問題点と射程範囲および価格の算定方法――
弁護士 豊島 真/NERAエコノミックコンサルティング 石垣浩晶/矢野智彦
 

民事執行・保全判例研究

 〈第8回〉不動産競売における民事執行法184条の適用
 (東京地判平27. 6 .16本誌2035号96頁)
早稲田大学 内田義厚
 

時 論

 金融法務の複雑化と横断的検討の重要性
弁護士 稲葉 譲
 

金融法務最前線

 暴力団離脱者の社会復帰支援と金融業務
弁護士 荒井隆男 
 

法制審ニュース

 〈第7回〉信託法改正の最新動向
 信託法部会、第37回会議を開催
 〈第17回〉相続法改正の最新動向
 民法(相続関係)部会、第17回会議を開催

連 載

 金融実務からみる判例の読み方
 〈第7回〉判例の拘束力の範囲をめぐる問題(4)
肥後銀行 粢田 誠
 

法務余(夜)話

 東京の国際金融センター化構想の行方

営業店コーナー

商子と工太のおしゃべり融資法務
 〈第2回〉融資の種類とその準備
商工中金 古谷政晃
 
金融判例に学ぶ営業店OJT〈預金業務編〉
 預貯金債権が共同相続される場合の相続分に応じた当然分割の有無
弁護士 園浦 卓
 
実務相談室
 韓国籍の担保提供者の死亡と相続調査・競売
 パルティール債権回収第二営業部
 

判決速報

  • 匿名組合契約の営業者が新たに設立される株式会社に出資するなどし、同社が営業者の代表者等から売買により株式を取得した場合において、営業者に匿名組合員に対する善管注意義務違反はないとした原審の判断に違法があるとされた事例

(最三小判平28.9.6)

  •  株式会社の株式の相当数を保有する株主が当該株式会社の株式等の公開買付けを行い、その後に当該株式会社の株式を全部取得条項付種類株式とし、当該株式会社が同株式の全部を取得する取引において、上記公開買付けが一般に公正と認められる手続により行われた場合における会社法(平成26年法律第90号による改正前のもの)172条1 項にいう「取得の価格」

(最一小決平28.7.1)

  • 高齢の顧客が再開して継続した株式の信用取引等において売却差損が生じたことに関して、証券会社の担当者の行為につき適合性原則違反、過当取引等による不法行為が成立しないとされた事例

(東京地判平27.10.28)

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。