金融法務事情

2018年7月10日号(2093号)

金融法務事情

CONTENTS

論 説

 共生者・密接交際者との保険契約の暴排条項に基づく解除
――広島高裁岡山支判平30. 3 .22の検討――

 弁護士 鈴木仁史
 
 法人代表者の権限確認に関する横断的検討
 三井住友銀行・弁護士 髙梨俊介
 
 仮想通貨と通貨をめぐる法規制の一試論(下)
 弁護士 長野 聡
 
 AML/CFT態勢の整備・見直しの進め方
 弁護士 髙橋瑛輝
 

判例評釈

 債権差押命令に基づく取立金の充当対象に関する最三小決平29.10.10の意義および実務的影響
 早稲田大学 内田義厚
 

OPINI論

 裁判手続等のIT化に向けた取組みへの期待
 弁護士 圓道至剛
 

リーディング金融法務

 所有権留保売買と集合動産譲渡担保の競合
――東京高判平29. 3 . 9 ――

 弁護士 進士 肇
 

Topics

 規制改革実施計画(平成30年6 月15日閣議決定)の概要
 内閣府・弁護士 木村健太郎
 

法制審ニュース

 〈第13回〉会社法改正の最新動向
 法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会、第13回会議を開催
 ――第12回会議に引き続き個別論点の検討を継続――
 〈第20回〉信託法改正の最新動向
 信託法部会、第50回会議を開催

連 載

 金融機関のための民事信託の実務と法務
 第7 回 民事信託案件に対するファイナンス(2)
 渋谷陽一郎
 

スピンオフ

 近視眼的な貸出判断を誘引するもの

ベーシックNAVI

■金融判例に学ぶ 営業店OJT〈預金業務編〉
 架空名義の預金の払戻請求
 弁護士 入江政幸
 
■支店長のための労務管理講座
 〈第62回〉正社員と非正社員との待遇格差に関する最高裁判例を踏まえた企業対応
 弁護士 横室直樹
 

判決速報

  • 1  競馬の当たり馬券の払戻金が所得税法35条1 項にいう雑所得に当たると された事例
    2  競馬の外れ馬券の購入代金が雑所得である当たり馬券の払戻金を得るため直接に要した費用として所得税法37条1 項にいう必要経費に当たるとさ れた事例(最二小判平29.12.15)
  • 私的整理中における債権回収のための訴えの提起が権利の濫用であるとは認 められないとされた事例(東京地判平30. 2 .13)
  • 原告の特別清算の申立てに至るまでの場面について、原告の取締役であった被告らの善管注意義務違反に基づく損害賠償責任が認められなかった事例 (東京地判平29.11.10)

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。