金融法務事情

2017年11月10日号(2077号)

金融法務事情

CONTENTS

論 説

 休眠預金等活用法の概要と施行に向けた金融機関の実務対応等
 弁護士 松尾博憲
 
 金融機関における今後の株主総会に向けた対応
 ――主にガバナンス強化の観点から――
 弁護士 塚本英巨
 
 近時の金融機関の統合・業務提携事例にみる独占禁止法上の留意点
 弁護士 大東泰雄/川西拓人/吉田桂公
 

関西金融法務懇談会報告

 死亡保険金請求権の破産財団帰属性に関する最高裁判例が破産実務に及ぼす影響
 ――最一小判平28.4.28の検討――
 弁護士 石井教文
 

OPINI論

 民間主導の事業再生の活用化
 フロンティア・マネジメント・弁護士・博士(法学) 高木新二郎
 

リーディング金融法務

 勧誘とは何か
 弁護士 永田光博
 

法制審ニュース

 〈第12回〉民事執行法改正の最新動向
 子の引渡しの強制執行に関する規律の明確化等に関する補足的な検討
 〈第24回〉相続法改正の最新動向
 民法(相続関係)部会、第24回会議を開催

Topics

 金融法学会第34回大会が開催される
 金融法学会事務局

連 載

 債権管理・回収の初動――新債権法の影響を踏まえながら――
 〈第2回〉期限の利益喪失
 三菱東京UFJ銀行 中村弘明
 
 続・金融法務と実務をめぐる7つの物語
 〈第6回〉被相続人の資産からの債権回収
 静岡中央銀行 両部美勝
 

スピンオフ

 アパートローンにみる説明責任の所在

ベーシックNAVI

●さあ、はじめよう! 金融コンプライアンス・ゼミナール
 〈第6回〉振り込め詐欺
 城北信用金庫・弁護士 青木良介
 
●金融判例に学ぶ 営業店OJT〈融資業務編〉
 高齢者との融資取引における意思能力
 三菱UFJ信託銀行 澄川 賢
 
●支店長のための労務管理講座
 〈第54回〉障害者雇用
 弁護士 臺 庸子
 

判決速報

  • 個別信用購入あっせんにおいて、購入者が名義上の購入者となることを承諾してあっせん業者との間で立替払契約を締結した場合に、販売業者が上記購入者に対してした告知の内容が、割賦販売法35条の3の13第1項6号にいう「購入者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なもの」に当たるとされた事例

(最三小判平29.2.21)

  • 金融機関が融資の担保として差し入れられた株式に対して担保権を実行したことが不法行為であると認められなかった事例

(東京地判平29.6.29)

▲ABL協会 設立10周年記念シンポジウムのご案内

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。