シニア層からの相談[Q&A]講座(2ヵ月コース)

*3カ月コースはこちらから

シニア層からの相談[Q&A]講座(2ヵ月コース)
期間 2ヶ月
テキスト 2冊
添削 2回
受講料 通常添削(税込み) 11,000円
修了資格 2単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

FP・金融窓口サービス技能士の有資格者、すべての金融機関職員

特色

50代・60代のシニア層からよく相談される事柄と回答のポイントを[Q&A]によりわかりやすく整理!
「覚えるべき知識(=チェックポイント)~具体的な解説」という構成により、知識だけでなく実務対応力も養成!

■定年退職前後のシニア層からの相談に関し、ここは“押さえておきたい”“知っておきたい”内容に主眼を置き、選りすぐりのテーマを「Q&A」方式でわかりやすく整理した講座です。
■年金・社会保険、医療・介護、資産管理、税金などは、定年退職後の生活に不安を抱くシニア層の関心が高い分野といえます。本講座での学習を通じ、“顧客ニーズに沿った対応力”、いわば“顧客の心をつかむ知力”を習得することができます。
■「実際によくある相談(Q)⇒覚えるべき知識(A)⇒こんな会話も可能(応酬話法)⇒具体的な解説」という構成により、初学者でも、見た目から理解しやすいよう工夫しています。
■FP・金融窓口サービス技能士の有資格者等だけでなく、シニア層に差し掛かった行職員自身の知識習得にも役立ちます。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 FP技能士センター正会員継続学習ポイント対象講座(4ポイント)
●日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15単位 課目:ライフ)

カリキュラム

テキスト 主な項目
第1分冊 年金・社会保険 相談編 第1章 年金に関するQ&A(夫婦それぞれの受給)
  1. 夫における年金
  2. 妻における年金
第2章 年金に関するQ&A(保険料・手続など)
  1. 保険料と免除制度
  2. 手続・相談、その他
第3章 社会保険に関するQ&A
  1. 定年退職と雇用保険
  2. 定年退職後の公的医療保険等
第2分冊 医療・介護・資産管理等 相談編 第1章 医療・介護に関するQ&A
  1. 高年齢期における医療等
  2. 介護保険制度
第2章 保険に関するQ&A
 定年退職前後の保険
第3章 資産管理に関するQ&A
  1. リタイアメントプラン
  2. 金融資産運用
  3. 後見制度・特定贈与信託
  4. 遺産分割・死因贈与・遺言
第4章 税金に関するQ&A
  1. 相続・贈与
  2. 退職と税金
  3. 所得税の申告とその他

※カリキュラムは2020年4月開講のものを載せています。4月1日から4月24日までは開講いたしません。
※内容・項目等につきましては変更となる場合があります。
※2カ月コース、3カ月コースともにテキスト内容は同一です。

試験スケジュール

◆本講座に対応する 
 金融業務能力検定 金融業務3級 シニアライフ・相続コース(CBT方式)

種目 試験日 試験時間 受験手数料
金融業務3級 シニアライフ・相続コース 通年実施
100分 4,400円