投資型金融商品と金融マーケットに強くなる講座

2022年6月新規開講
*Web課題対応講座はこちら

投資型金融商品と金融マーケットに強くなる講座
期間 3ヶ月
テキスト 3冊
添削 3回
受講料 通常添削(税込み) 14,300円
修了資格 3単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

受講対象者

渉外担当者、窓口職員、FP技能士等で、投資信託や生命保険等の金融商品販売に携わる方。

特色

  • 預かり資産販売の土台となる「金融マーケット・金融商品に関する知識」を網羅しています。
  • 金融マーケット・金融商品の基本的知識を習得することにより、預かり資産販売業務において「顧客本位」の提案を実現することが期待できます。
  • 抽象的で理解しにくいといわれる金融マーケットと金融商品の関係を、具体的にわかりやすく説明。図表等で随所に理解を助ける工夫を施しています。
  • 本講座は、若手行員や先輩行員、お客さまとの対話シナリオを通じて、国内外のマーケットや金融商品の知識を身につけていくことができます。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

※一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(6ポイント)
※本FP協会継続教育研修認定講座(申請予定)

分冊構成と主要内容

第1分冊 金融マーケットの概要

  • ①金融市場の全体像
    金融市場
    金融市場の種類
  • ②金融商品・マーケット・ニュース
    金融商品とマーケットの関連性
    マーケット間の関連性
    ニュースとマーケット
  • ③経済成長と景気
    経済成長と景気の捉え方
    経済指標の見方…基礎編
    経済指標の見方…マクロ編
    経済指標の見方…個人と企業編
  • ④国内物価
    国内物価へのアプローチ
    経済指標の見方…価格関連指標
  • ⑤財政政策
    財政の役割
    日本の財政制度
    日本の税制
    国債の大量発行と財政再建
    財政と金融の関わり
  • ⑥金融政策
    金融政策の役割
    金融政策の手段
    資金需給と金融調節
  • ⑦日本と世界経済との関係
    外国為替の仕組み
    日本の外国為替市場
    経済指標の見方…国際経済関連指標

第2分冊 金融商品Ⅰ

  • ①ポートフォリオ運用
    ポートフォリオ理論
    資本市場理論
    ポートフォリオ・マネジメント
  • ②投資信託
    投資信託の仕組み
    投資信託の種類と主要な商品
    投資信託の販売体制と販売手続
    投資信託の価格変動要因
    投資信託の情報開示
    投資信託の課税関係
  • ③株式
    株式の基礎知識
    株式に関する各種評価指標
    株式の課税関係
  • ④債券
    債券の仕組みと特徴
    債券のリスク
    特殊な債券
    債券の利回り計算
    債券の課税関係
  • ⑤NISA・iDeCo
    NISA制度
    確定拠出年金制度

第3分冊 金融商品Ⅱ

  • ①生命保険
    保険制度
    生命保険の基本的な考え方
    保険商品の知識
    保険商品の課税関係と経理処理
    保険商品の販売に必要な相続贈与の基礎知識
  • ②外貨建て商品
    外国為替市場
    外貨建て商品の仕組みと特徴
    外貨建て商品の課税関係
  • ③デリバティブ
    デリバティブの概要と種類
    先物取引
    オプション取引
    スワップ取引
    その他のデリバティブ取引