預金実践事例コース

*Web課題対応講座はこちら

預金実践事例コース
期間 3ヶ月
テキスト 3冊(毎月15日配本)
添削 3回
受講料 通常添削(税込み) 14,981円
修了資格 3単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

預金の基礎知識を習得した方(「預金コース」を受講した方 など)や預金担当役席者の方

特色

預金業務における的確な判断能力を培うための上級コース

●預金に関する基礎的な知識のある方や、判断業務に従事する預金担当役席を対象とした実践的な内容で、「預金コース」の上級編です。
●日常業務で起こりうる問題について法律と事務管理の両面からケーススタディ方式により、その対策・チェックポイントを明示します。
●的確な実務対応、ミスの防止に役立つよう、異例処理のポイントをわかりやすく解説します。
●金融業務能力検定「金融業務2級 預金コース(旧:預金上級)」対応講座

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(6ポイント)
●日本FP協会継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15単位) 課目:金融

カリキュラム

テキスト 主な項目

1 預金事務管理の基本、預金の受入れ

  1. 預金事務管理の基本
  2. 預金の受入れ
  3. 新規開設と取引の相手方
  4. 預金受入時の手続上の誤り

2 預金の払戻しと解約、不渡手形・小切手の処理

  1. 払戻しと注意義務
  2. 当座勘定の払戻し
  3. 口座取引の凍結および解約等
  4. 手形交換
  5. 不渡届
  6. 異議申立

3 預金の相続、差押え等

  1. 預金の相続
  2. 預金の差押え
  3. 預金の管理

※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。

対応検定試験

◆本講座と連携する金融業務能力検定(CBT方式)
 金融業務2級 預金コース

種目 試験日 試験時間 受験手数料
金融業務2級 預金コース
通年実施
120分 6,050円