債権管理・回収実践対策講座

債権管理・回収実践対策講座
期間 3ヶ月
テキスト 3冊(毎月15日配本)
添削 3回
受講料 通常添削(税込み) 19,360円
修了資格 3単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

融資担当者および管理者、本部の債権管理・回収担当者

特色

資産自己査定時代の債権管理・回収・処理能力を養成

■民法(債権関連)や倒産法関連の改正動向および最新の情報に基づく不良債権の管理・回収・処理の各種手法を紹介し、その活用法と実務上の留意点を示します。
■債権管理・回収業務には、担保・保証、競売、強制回収、法的整理などさまざまな法的制度・手続の理解が必要です。本講座では、不良債権の管理・回収・処理の基本からノウハウまで実務に即してわかりやすく解説します。
■不良債権の管理・回収は、相手の出方・状況に応じた臨機応変な対応が求められます。本講座では、アップトゥデートな事例をふんだんに取り入れ、対応を検討するなかで体験的にテクニックを学ぶことができます。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(6ポイント)

カリキュラム

テキスト 主な項目

1 債権管理の基本

  1. 債権管理と信用リスク管理
  2. 自己査定
  3. 貸出債権の変動
  4. 債務者の変動
  5. 担保の管理と変動
  6. 保証の管理と変動
  7. 時効の管理

2 債権回収実務の基本

  1. 債権回収の準備
  2. 弁済による回収
  3. 相殺による回収
  4. 不動産担保処分による回収
  5. その他の担保からの回収
  6. 債権譲渡と債務引受
  7. 債権償却

3 債権回収の実践

  1. 法的整理手続への参加
  2. 私的整理手続への参加
  3. その他の法的手段による回収
  4. 執行妨害対策
  5. 債務者以外の者からの回収

※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。