金融機関営業店のための
目標管理マスター講座・一般行職員向け2カ月コース

*管理監督職向け3カ月コースはこちらから

<small>金融機関営業店のための</small><br>目標管理マスター講座・一般行職員向け2カ月コース
期間 2ヶ月
テキスト 2冊(毎月15日配本)
添削 2回
受講料 通常添削(税込み) 9,680円
修了資格 2単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

目標管理のためのスキルを身につけようとしている金融機関の方

特色

Plan-Do-Seeサイクルによる人材マネジメントの決定版

■目標管理は「目標と自己管理によるマネジメント」の略称です。多くの金融機関が目標管理制度を導入しています。しかし現実をみると、目標管理の目的を行職員が誤解しているために、せっかく導入した制度が組織に定着していない状況がうかがえます。
■金融機関の行職員の皆さんが、目標管理の目的を正しく理解するとともに、目標管理のスキルを身につけて、職場で実践できるようにすることをねらいとした講座です。管理監督職、一般行職員の別にかかわらず、すべての金融機関の行職員の皆さんを対象にしています。
■目標管理制度の仕組みは個々の金融機関によって少しずつ違いがありますが、本講座で学習する内容は共通して役立つものです。また、目標管理制度を導入していない金融機関でも、職員が仕事のマネジメント手法として目標管理のスキルを身につけることは、組織力を大きく引き上げます。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(4ポイント)

内容見本

カリキュラム

テキスト 主な項目
1 目標管理の意義と基本スキル
~「目標管理」と「成果主義」はイコールではない
  1. 目標管理の目的
    1. 目標管理の考え方/目標管理の4つの目的
  2. 目標管理のスキル~目標設定~
    1. 目標項目の設定/達成基準の設定/達成方法の検討/目標設定面談の進め方・受け方
2 目標管理の実行とフィードバック
~期中活動から評価まで
  1. 目標管理のスキル~期中の活動~
    1. 期中の活動サイクル/進捗状況の自己管理/期中面談の進め方・受け方
  2. 目標管理のスキル~自己評価~
    1. 自己評価の目的/評価面談の進め方・受け方
  3. 個別テーマの検討

※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。