Q&A マイナンバー対応実践コース(2カ月コース)

Q&A マイナンバー対応実践コース(2カ月コース)
期間 2ヶ月
テキスト 2冊(毎月15日配本)
添削 2回
受講料 通常添削(税込み) 11,000円
修了資格 2単位[添削回数1回を1単位(100点満点で60点以上)とする]

対象者

営業店の窓口・渉外担当者、本部関連部署担当者等

特色

預貯金口座付番制度に完全対応

■ 2016年1月より本格スタートしたマイナンバー制度。2018年1月から、預貯金口座へのマイナンバーの付番対応が始まり、金融実務に与える影響が今後ますます大きくなります。
■金融機関が顧客からマイナンバーを取得すべき場合は限定されており、それ以外の局面での取得は禁止されています。また、金融機関はマイナンバーを含む個人情報について、適切な安全管理措置を講ずることが求められます。
■金融機関の営業店担当者は、マイナンバー制度について顧客から質問を受けることも増えますので、本制度に関する知識の習得が不可欠になります。
■本講座は、第1分冊でマイナンバー制度の概要、マイナンバー等の取扱い上の注意点、民間事業者における本制度の対応について、第2分冊で金融機関における既存顧客・新規顧客への対応、マイナンバーの利用・安全保管・廃棄等の対応についてQ&A方式で解説します。

ご案内

FP継続学習ポイント(継続教育単位)認定講座

●一般社団法人 金融財政事情研究会 ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員およびFP継続学習システムTM正会員継続学習ポイント取得対象講座(4ポイント)
●日本FP協会 継続教育研修認定講座(AFP:7.5単位、CFP(R):15単位) 課目:倫理

カリキュラム

テキスト(分冊構成) 主要内容
第1分冊
「マイナンバー制度」とは何か

 序 章 特定個人情報の適正な取扱い
 ~マイナンバーの利用を受けて~
 第1章 マイナンバー制度の概要
 第2章 個人とマイナンバー制度
 第3章 民間事業者とマイナンバー制度

第2分冊
金融機関とマイナンバー制度
 第1章 金融機関とマイナンバー制度
 第2章 金融機関における顧客の個人番号の取扱い

※内容・項目等につきましては、部分的に変更になる場合があります。

対応検定試験

◆本講座と連携する金融業務能力検定(CBT方式)
マイナンバー保護オフィサー

種目 試験日 試験時間 受験手数料
マイナンバー保護オフィサー
通年実施
100分 4,400円