先物市場のテクニカル分析

Technical Analysis of the Futures Markets

先物市場のテクニカル分析

定価:4,563円+税

編・著者名:ジョン・J・マーフィー著 日本興業銀行国際資金部訳

発行日:1990年05月24日

判型・体裁・ページ数:A5・568ページ

ISBNコード:978-4-322-21891-6

書籍紹介

 基本理念、チャートの描き方をはじめ、チャート・パターン、 出来高と建玉、移動平均、オシレーター、ポイント・アンド・フ ィギュア・チャート、エリオット・ウェーブ、サイクル理論等、 チャート分析に必要なノウハウをやさしく解説。

主要目次

第1章テクニカル分析の哲学
第2章ダウ理論
第3章トレンドの概念
第4章主要なリバーサル・パター ンの研究

  • プライス・パターン
    パターンの2タイプ-反 転と継続
    すべての反転パターンに共通の予備知識
    ヘッド・アン ド・ショルダー型の反転パターン
    ネック・ラインの割込みとパタ ーンの完成
    反転の動き/取引高の重要性
    目標価格の推測
    目標価 格の調整/逆ヘッド・アンド・ショルダー
    ネック・ラインの傾斜
    複雑型のヘッド・アンド・ショルダー
    戦術
    完成し損じたヘッ ド・アンド・ショルダー
    調整パターン 等

第5章コンテ ィニュエーション・パターン

  • トライアングル
    シンメト リカル・トライアングル
    トライアングル分析のためのタイム・リミット
    だましシグナル
    アセンディング・トライアングル
    目標 値
    底値でのアセンディング・トライアングル
    上値でのアセンデ ィング・トライアングル
    トライアングルにおける時間的要因
    ブ ロードニング・フォーメーション 等

第6章出来高と建玉
第7章移動平均
第8章オシレーターと反対意 見
第9章イントラ・デー・P&Fチャート
第10章3枠反転基準と最適P&F
第11章エリオット波動理 論
第12章タイム・サイクル
第13章マネー・マ ネージメントとトレード戦略
第14章要約と統合