詳解 デジタル金融法務

詳解 デジタル金融法務

定価:3,850円(税込)

編・著者名:佐野 史明[著]

発行日:2021年05月25日

判型・体裁・ページ数:A5・並・436ページ

ISBNコード:978-4-322-13951-8

書籍紹介

決済・送金・貸付・暗号資産サービスに適用される金融規制の外縁と実務上の最新論点をQ&Aで解説!

◆2021年5月施行の改正資金決済法に対応。送金額の制限のない第一種資金移動業、送金額100万円までの第二種資金移動業、送金額5万円までの第三種資金移動業に適したビジネスモデルは何か?
◆デジタル通貨、ステーブルコインその他新たな金融サービスに適用される金融規制を解説。自らの顧客基盤に対して新たな支払手段を提供する場合、決済・送金・資金融通・暗号資産を切り口にした新たなサービスを市場に投入する場合、どのような金融規制が適用されるのか?
◆金融監督行政に従事した経験をもとに執筆。数多くの問合せ事例に対する金融規制当局の回答はどうなっているのか? 金融行政当局の回答の根底には、どのような価値判断、理論的な考察があるのか?

金融機関やデジタル・プラットフォーマー必携の1冊

主要目次

第1章 総  論
1 金融サービスへの参入
2 機能別のアプローチ
3 金融規制の外縁の不明確性
4 本書の目的

第2章 前払決済サービス
第1節 前払式支払手段の該当性
第2節 適用除外
第3節 預り金との関係
第4節 為替取引との関係
第5節 暗号資産交換業との関係

第3章 後払決済サービス

第4章 送金サービス
第1節 為替取引の該当性
第2節 規制上の留意点
第3節 滞留規制
第4節 事前受入型
第5節 都度型
第6節 立替型
第7節 デジタル通貨

第5章 貸付サービス
第1節 貸金業の該当性
第2節 ファクタリング取引
第3節 割賦販売
第4節 リース取引
第5節 デジタルアセット

第6章 暗号資産サービス
第1節 暗号資産交換業の該当性
第2節 暗号資産の販売所・取引所サービス
第3節 暗号資産のカストディ・サービス
第4節 ICO
第5節 レバレッジ取引
第6節 他の金融規制法との関係
第7節 ステーブルコイン

著者紹介

佐野 史明(さの ふみあき)
片岡総合法律事務所 弁護士
2011年 京都大学法科大学院卒業
2012年 東京弁護士会登録
2014年4月より信託銀行に出向し、証券化取引等に従事(~2016年3月)
2017年4月より金融庁監督局総務課金融会社室、信用機構対応室、仮想通貨モニタリングチーム、総合政策局リスク分析総括課フィンテックモニタリング室課長補佐として、貸金業者、前払式支払手段発行者、資金移動業者、暗号資産交換業者などの検査・監督業務および金融機関等の預金保険業務を担当(~2020年3月)