ESG投資とパフォーマンス―SDGs・持続可能な社会に向けた投資はどうあるべきか

ESG投資とパフォーマンス―SDGs・持続可能な社会に向けた投資はどうあるべきか

定価:2,400円+税

編・著者名:湯山 智教[編著]

発行日:2020年10月08日

判型・体裁・ページ数:A5・並・248ページ

ISBNコード:978-4-322-13576-3

書籍紹介

環境(Environment)、社会(Society)、ガバナンス(Governance)に着目した投資手法のパフォーマンス(成果)をどのように考えればよいのか?

ESG投資が長期的にSDGsに貢献していくための論点と課題を整理し、内外の多くの実証分析もサーベイ。
コロナ禍に見舞われた金融市場とESG投資に関する分析結果も収録。
持続的な社会を目指すうえで金融面からどのようなアプローチが可能なのか、理解を深めるために最適の一冊。

主要目次

第Ⅰ部 ESG投資のパフォーマンス評価に関する論点と課題
第1章 ESG投資の潮流
1 ESG投資とは何か/2 ESG投資の投資手法/3 ESG投資の対象/4 ESG投資への関心が高まった背景/5 ESG投資における投資パフォーマンスの重要性
第2章 ESG投資パフォーマンスの考え方
1 ESG投資のリターンの背景に対する考え方/2 投資パフォーマンスの計測手法/3 ESG投資パフォーマンス評価に係る課題
第3章 ESGスコアに関する課題
1 ESGスコアとは何か/2 ESGスコアの違いについて/3 ESGスコアが付与される企業の特徴/4 ESGスコアの違いに関する研究サーベイ/5 ESGスコアに関する論点と課題/6 ESGパフォーマンス評価としてのインパクト評価
第4章 ESG投資と受託者責任に関する議論
1 はじめに/2 ESG投資と受託者責任の関係をめぐる考え方/3 米国におけるESG投資と受託者責任をめぐる議論/4 主に欧州におけるESG投資と受託者責任をめぐる議論/5 わが国におけるESG投資と受託者責任をめぐる議論/6 「顧客本位の業務運営に関する原則」からみる個人のESG投資の留意点/7 ESG投資のパフォーマンスとの関係性/8 小括と今後の課題

第Ⅱ部 ESG投資に関する実証分析
第5章 ESG投資とパフォーマンスに関する研究サーベイ
1 はじめに/2 既存研究の包括的なレビュー/3 ESG投資と株式投資リターン/4 ESG投資と資本コスト、企業価値/5 ESG情報開示との関係/6 ESGスコアの違いとパフォーマンスの関係/7 ESGと債券投資・負債コスト/8 小括
第6章 ESG開示スコアとパフォーマンス
1 はじめに/2 内外の先行研究レビューおよび仮説設定/3 分析方法の検討/4 実証分析/5 考察と残された課題/6 補論
第7章 ESG投資と信用格付け
1 はじめに/2 先行研究/3 仮説設定/4 データと分析方法/5 推計結果/6 小括と今後の課題
第8章 コロナショックとESG投資パフォーマンス
1 予想されなかったコロナ禍の発生とESG投資/2 ESG指数のパフォーマンス/3 ESGスコアの3分位(高・中・低評価)区分別の超過リターン/4 業種・銘柄要因等を考慮した後の超過リターン/5 おわりに

編著者紹介

湯山 智教(ゆやま とものり)
東京大学公共政策大学院特任教授(2017~2020年7月)。博士(商学)、早稲田大学。慶應義塾大学大学院修了(政策メディア研究科修士)。1997年株式会社三菱総合研究所、2001年金融庁入庁後、監督局、証券取引等監視委員会事務局、日本銀行金融市場局、財務省理財局、米国通貨監督局(OCC)等を経て2017年東京大学、2020年7月に金融庁に帰任。日本証券アナリスト協会認定アナリスト。