決済サービスとキャッシュレス社会の本質

決済サービスとキャッシュレス社会の本質

定価:2,500円+税

編・著者名:宮居 雅宣[著]

発行日:2020年06月30日

判型・体裁・ページ数:四六・並・384ページ

ISBNコード:978-4-322-13552-7

書籍紹介

長年の豊富な実務経験に基づき、決済サービスの仕組み、成り立ち、社会に与える影響を徹底的に解説

世界中で使える国際ブランドのクレジットカードの技術、海外ではよく使われているデビットカードが日本で普及しない理由、電子マネーが当たり前に使われるようになるまでの実証実験の歴史、Apple Payが行っている日本での特別対応、QRコード決済で起こり得る不正利用の手口など、本書で扱うテーマは多岐にわたる。安全・安心な社会の実現にキャッシュレスはどのように寄与するのか、技術論・制度論にとどまらない、多様な示唆に溢れた解説書の決定版!

この一冊でキャッシュレスの現実と未来を冷静に、正確に見通せる!

決済サービスに精通する有識者15人による推薦コメントを巻頭に収録!

主要目次

第1章 すべての決済サービスの基本といえる国際ブランド決済カードの仕組み
(1) 世界中で共用できるクレジットカードで学ぶ決済サービスの基礎知識
(2) 日本と海外における決済カード利用環境/市場背景の違い
(3) クレジットカードのIT化変遷とセキュリティ

第2章 デビットカードと送金サービス
(1) デビットカードやFinTechの正しい理解には銀行を取り巻く背景環境の理解が重要
(2) 日本のデビットカード“J-Debit”
(3) ブランドデビットカードの仕組みと課題
(4) デビットカードのキャッシュアウトサービス
(5) 銀行の海外送金の仕組みとFinTechの送金サービス

第3章 プリペイドカードと電子マネー
(1) 日本の電子マネーの特徴、課題と展望
(2) ブランドプリペイドカードの仕組みと課題
(3) ギフトカード

第4章 新たな決済サービスの動向とキャッシュレス社会の展望
(1) 中国のキャッシュレス化事情とQRコード決済の台頭
(2) スマホがもたらす決済サービスの変革
(3) QRコード決済の仕組みと動向
(4) キャッシュレス社会の展望

著者紹介

宮居 雅宣(みやい まさのり)
決済サービスコンサルティング株式会社代表取締役
1990年株式会社ジェーシービー(JCB)入社。新事業や新サービスの企画立案から実装、セキュリティ対策や回収、EC決済やICカード化、モバイル対応等に従事。2005年株式会社野村総合研究所(NRI)入社。電子マネー事業や新決済サービスの立上げ、各種市場調査、Card Linked Offer実証実験の成功など、実務経験を生かしたコンサルテーションプロジェクトや実行支援に従事。2019年1月8日決済サービスコンサルティング株式会社設立。