これでわかる経営者保証【改訂版】

これでわかる経営者保証【改訂版】

定価:1,000円+税

編・著者名:小林 信明[監修]岡島 弘展[編著]

発行日:2020年03月26日

判型・体裁・ページ数:A5判・並・92ページ

ISBNコード:978-4-322-13542-8

書籍紹介

事業承継時に焦点をあてた特則
2020年4月1日適用開始!

「経営者保証に関するガイドライン」のポイントをイラストや図表を交えわかりやすく解説

主要目次

1 総  論
序 ガイドラインの概要
1 ガイドライン策定の背景
2 ガイドラインの位置づけ
3 中小企業および保証人の範囲(その1)
4 中小企業および保証人の範囲(その2)
5 対象債権者の範囲
6 法的整理手続とガイドラインによった場合の相違
7 保証人からのガイドライン利用にあたっての事前相談の必要性

2 経営者保証に依存しない融資の一層の促進
8 経営者保証に依存しない融資慣行の確立
9 主たる債務者および保証人の対応(その1)
10 主たる債務者および保証人の対応(その2)
11 主たる債務者および保証人の対応(その3)
12 対象債権者の対応(その1)
13 対象債権者の対応(その2)
14 対象債権者の対応(その3)

3 経営者保証の契約時の対象債権者の対応
15 経営者保証の締結時の対象債権者の対応(その1)
16 経営者保証の締結時の対象債権者の対応(その2)
17 経営者保証の締結時の対象債権者の対応(その3)
18 支援専門家の役割

4 既存の保証契約の適切な見直し
19 既存の保証契約の変更・解除等の対応
20 事業承継時の対応(その1)
21 事業承継時の対応(その2)

5 保証債務の整理
22 ガイドラインに基づく保証債務の整理の対象となり得る保証人
23 保証債務の整理の手続
24 経済合理性・回収見込額の判断
25 一時停止等の要請があった場合の対象債権者の対応
26 保証債務の履行基準
27 早期の事業再生・事業清算等の着手の決断に対するインセンティブ
28 保証債務の弁済計画
29 保証債務の一部履行後に残存する保証債務の取扱い
30 税の取扱い
31 経営者の経営責任のあり方

6 事業承継時に焦点をあてたガイドラインの特則
32 特則の概要
33 特則策定の背景
34 特則の位置づけ
35 前経営者と後継者の双方との保証契約
36 後継者との保証契約
37 前経営者との保証契約
38 債務者への説明内容
39 内部規程等による手続の整備
40 主たる債務者および保証人における対応(その1)
41 主たる債務者および保証人における対応(その2)

7 その他
42 適用開始日までに締結した保証契約

付録 ガイドラインおよびガイドラインQ&A策定以降の改定履歴等

著者紹介

小林 信明(こばやし のぶあき)
弁護士(長島・大野・常松法律事務所)
経営者保証に関するガイドライン研究会(日本商工会議所、全国銀行協会)座長、中小企業庁政策審議会臨時委員(金融WG)、全国倒産処理弁護士ネットワーク副理事長、事業再生実務家協会(事業再生ADRを主宰)専務理事、事業再生研究機構代表理事(以上現任)。
日弁連倒産法制等検討委員会委員長、東京弁護士会倒産法部長、事業再生関連手続研究会(経済産業省)委員等を歴任。
大型の法的整理(エルピーダメモリ、タカタなど)や、上場企業・中小企業の私的整理案件など、法的整理・私的整理を問わず、債務者側はもとより、債権者側、スポンサー側など、さまざまな立場から多くの倒産処理・事業再生案件を手がけており、豊富な経験を有している。

岡島 弘展(おかじま ひろのぶ)
一般社団法人全国銀行協会業務部次長。2019年4月から経営者保証に関するガイドライン研究会事務局次長を兼職。銀行界における融資業務態勢、中小企業金融、被災者債務整理、銀行法務等、個人情報保護等に係る諸課題の検討等を所管。一橋大学大学院国際企業戦略研究科(一橋ICS)博士後期課程単位取得退学。経営法修士(M.A.(Business Law))・経営学修士(MBA)。