金融検査マニュアル廃止後における信用リスク・資産査定管理態勢

金融検査マニュアル廃止後における信用リスク・資産査定管理態勢

定価:3,200円+税

編・著者名:一般社団法人金融財政事情研究会[編]

発行日:2020年03月26日

判型・体裁・ページ数:A5・並・504ページ

ISBNコード:978-4-322-13533-6

特別価格商品のご購入方法

こちらの商品は特別価格商品になります
ログインすることで、カートが表示されご購入が可能になります

書籍紹介

ポスト検査マニュアル時代の資産査定・引当のあり方とは

2017(平成29)年まで約20年にわたり毎年度改訂を続けてきた『金融機関の信用リスク・資産査定管理態勢』(旧・検査マニュアルハンドブック)の改題改訂版!

◆金融庁ディスカッションペーパー「検査マニュアル廃止後の融資に関する検査・監督の考え方と進め方」(令和元年12月公表)に基づき、それぞれの金融機関のビジネスモデルに応じた融資、引当を実現するための考え方を整理
◆2019年7月4日に改正された企業会計基準委員会「金融商品に関する会計基準」、日本公認会計士協会「金融商品会計に関する実務指針」等に基づき、有価証券の評価・償却・引当方法に関する記述を更新
◆自己査定の基本から償却・引当、自己資本比率への影響まで、全160のQ&Aでわかりやすく示した、金融機関の融資担当者、資産査定担当者、必携のハンドブック

主要目次

Ⅰ  総  論
Ⅱ  旧検査マニュアル編
1 信用リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト
2 資産査定管理態勢の確認検査用チェックリスト
 A 総  論
 B マニュアル別冊・中小企業融資編の取扱い
 C 債  権
 D 担保・保証
 E 有価証券
 F その他の資産
3 償却・引当
4 自己資本比率等