デジタル革命時代における銀行経営

デジタル革命時代における銀行経営

定価:1,800円+税

編・著者名:ボストン コンサルティング グループ 金融グループ[著]

発行日:2019年12月24日

判型・体裁・ページ数:A5・196ページ

ISBNコード:978-4-322-13499-5

書籍紹介

デジタルによる機会と脅威の荒波のなかで、顧客本位のサービス業として、銀行は自らをどう再定義すべきか

商品、オペレーション、求められる人材、人事のあり方はどう変わっていくのか?「アジャイル」なこれからの働き方とは何か?
グローバルな最新の知見に基づく先進的な取組み事例を参考に、世界有数のコンサルティングファームBCGが銀行の目指すべき道筋を描く。
好評既刊『デジタル革命時代における保険会社経営』(2018年、当会より刊行)に続く、デジタル革命時代の経営戦略解説シリーズ第2弾。
構造的な環境変化が進むなかで、銀行がデジタル技術の進化をビジネスチャンスととらえ、競争優位性を築くためのヒントがこの一冊に!

主要目次

1章 決済の未来
         リテール決済領域の地殻変動
海外で広まる「スマホ決済」の衝撃
変わり始めた「決済の概念・体験」
海外でキャッシュレス決済を普及させたドライバー
日本でのキャッシュレス決済の進展状況とその背景
どのような将来シナリオが浮上してくるのか
銀行の戦略的オプションにはどんなものがあるのか
The future is not given(未来は自分でつくる)
2章 個人向け貸出の未来
曲がり角を迎えた従来型のビジネスモデル
欧米では「4つの変革」が進行中
銀行が目指すべき方向性は? 提供すべき「価値」は?
トライアンドエラーで先進的・挑戦的な取組みを
3章 個人向け運用の未来
これまでの個人向け運用
個人向け運用の未来を決めるドライバー
デジタル時代のKSFは感情をうまくとらえること
4章 中小企業金融の未来
いま必要なエコシステムの発想
銀行は中小企業が求めるものを提供できていない
中小企業が抱える3 つのペインポイント
ペインポイント解消のカギを握る「エコシステム」
邦銀が目指すべきエコシステムのかたち
エコシステム構築のポイントと注意点
5章 大企業金融の未来
邦銀大手と大企業との関係性が変容
大企業金融をめぐる環境変化:デジタル化の進展を背景に顧客接点をねらう競争が激化
外銀のオペレーティングモデルとは
邦銀が大企業金融の領域で目指すべきモデル
6章 チャネルの未来
ネットカフェのような店舗で「タブレット接客」
店舗チャネルとデジタルチャネルの主従関係が逆転
チャネル改革は「銀行改革」
経営陣のリーダーシップで「経営改革」として進める
7章 IT/オペレーション/事務の未来
先進行で加速する「デジタルシフト」
人とテクノロジーの協業・補完関係をどのように実現するかがカギ
オペレーションのデジタル化を進めるには組織の変革が不可欠
デジタル時代に必要とされるITアーキテクチャの姿
DevOpsなどの新しい開発手法を取り入れることも必要
8章 リスク管理の未来
世界の主要行に押し寄せる「規制の波」
「未来型CRO」に求められる役割
邦銀が競争優位を確保するために必要な2つのチャレンジ
9章 人材・人事の未来
人事改革を迫る3つの潮流─多様化、変化の時代、デジタル
人材マネジメントにおける発想の転換
人材マネジメント改革のポイント
10章 働き方の未来
        
 「アジャイル」が変える組織のあり方
金融機関を取り巻く環境の変化
変化適応・イノベーションの創出を可能にする「これからの働き方」とは
「アジャイル」の思想とは
アジャイル開発の実際:プロジェクトの進め方とチーム構成
デジタル時代に銀行が「アジャイル」を導入するには