米国はいかに国民の退職後を支援しているか
“DC年金は高所得者優遇”という社会的通念への挑戦

米国はいかに国民の退職後を支援しているか<br><small>“DC年金は高所得者優遇”という社会的通念への挑戦</small>

定価:3,200円+税

編・著者名:ピーター J.ブレイディ[著]一般社団法人投資信託協会/Investment Company Institute[訳]

発行日:2020年01月21日

判型・体裁・ページ数:A5判・上製・312ページ

ISBNコード:978-4-322-13456-8

書籍紹介

生涯所得をめぐる二つの誤解
◆高所得の就労者は、より高い限界税率が適用されるため、課税繰延からより大きな恩典を受けている。
◆現行の税制は、貯蓄に「逆効果」となるインセンティブを提供している。

基礎年金+DC年金=所得区分別にみた加入者の生涯恩典
総合的な分析が、生涯所得をめぐる世界共通の誤解を解き明かす

米国民が享受する社会保障制度としての公的基礎年金と、勤労者のための私的退職年金制度(401(k)・IRA)の恩典を、一体的に分析したチャレンジングな調査報告書の全訳版。
米国政府がいかに国民の退職後の資産形成を支援しているかの全体像を明示。
日本において「人生100年時代」に向けた資産形成制度を考察していくうえで示唆に富む一冊!

主要目次

序  論
CHAPTER 1 租税支出の概念
 租税支出と税制改革
 評価の方法
 なぜ課税繰延は他の租税支出と異なるのか
 米国の退職後資金支援制度の恩典に関する全体評価
 要  約
CHAPTER 2 米国の退職後資金支援制度の恩典を測定する
 過去の恩典評価との比較
 シミュレーションの方法と主な仮定
 主な仮定に対する測定結果の感度
 現行政策下における就労中と退職後の成果
 現行政策における生涯の税負担
 課税繰延の恩典
 米国の退職後資金支援制度の恩典
 要  約
CHAPTER 3 所得税負担に対する課税繰延の影響に関する詳細な考察
 課税繰延であり、非課税ではない
 課税繰延はどのように所得税負担に影響を与えるか
 要  約
CHAPTER 4 課税繰延に関する社会的通念となった誤解を払拭する
 課税繰延の限界的な恩典
 貯蓄インセンティブに対する課税繰延の影響
 要  約
CHAPTER 5 所得税負担に対する社会保障の影響の詳細な考察
 社会保障はどのように所得税負担に影響するか
 社会保障評価は租税支出の概念の限界を浮き彫りにする
 要  約
CHAPTER 6 租税支出の配分分析は妥当か?
 租税支出と従前の税制改革の努力
 課税繰延は現行税制の累進性にどのように影響しているか?
 マイクロプログレッシヴィティ(特定の税法が累進性に与える影響)への誤った焦点
 要  約
CHAPTER 7 課税繰延を公平性、経済成長性、簡素性の基準から判断する
 公平性
 経済成長
 簡素さ
 要  約
総  論
付  論 課税繰延への追加的な制限付与と根本的な変更に対する提案
 DCプランへの拠出にさらなる制限を加える提案
 課税繰延の前倒しの恩典に制限を加える3つの提案