インフラPPPの理論と実務

インフラPPPの理論と実務

定価:8,000円+税

編・著者名:エドワード・イェスコム/エドワード・ファーカーソン[著]佐々木 仁[監訳]インフラPPP研究会[訳]

発行日:2020年10月19日

判型・体裁・ページ数:A5・上製・840ページ

ISBNコード:978-4-322-13448-3

書籍紹介

企業の海外PPPプロジェクトへの参加、国内PPP/PFIの制度強化・案件推進の比類無きガイド、待望の全訳。

運輸交通、社会インフラ、ユーティリティ、公共建築、通信ネットワーク等、インフラストラクチャー分野におけるPPP活用に必要な知識と海外事例における経験を、公共セクターおよび民間セクターそれぞれが理解しやすい構成で詳説。
読者対象は、国際インフラ事業関係者(商社、ゼネコン、デベロッパー、金融機関、政府機関(経産省、国交省、JICA、研究者等)ならびに国内インフラ事業関係者(空港、水道事業を実施する公的機関関係者、民間事業者など)

主要目次

PartⅠ イントロダクション
第1章 本書の概要
第2章 PPPとは何か
第3章 PPP事業分析:DCFとIRR

PartⅡ 公共セクターの視点
第4章 政策、法律、制度上の枠組み
第5章 PPPプロジェクトのサイクル
第6章 公共セクターによるプロジェクトマネジメント
第7章 PPPプロジェクトの必要性確認、定義づけ、および特定
第8章 PPPの採用決定とバリューフォーマネー(VfM)
第9章 PPPの意思決定:アフォーダビリティ、予算措置、および報告
第10章 PPPプロジェクトの調達プロセス

PartⅢ リスクの分析と分担
第11章 リスクの分析:理論と手法
第12章 建設期間におけるリスク分担
第13章 運営期間のリスク分担
第14章 保険の役割

PartⅣ PPPの契約
第15章 サービス対価の支払メカニズム
第16章 事情の変化
第17章 契約解除
第18章 公共セクターによる支援
第19章 公共セクターによる契約管理

PartⅤ 民間セクターの視点
第20章 スポンサーと他の投資家
第21章 プロジェクトファイナンスとPPP
第22章 プロジェクトファイナンスの資金ソースと組成プロセス
第23章 PPPプロジェクトの資金調達ストラクチャー
第24章 マクロ経済リスクとその対処方法
第25章 レンダーによるキャッシュフローの管理、担保権の設定、および実行
第26章 デットのリファイナンスとエクイティ売却

PartⅥ PPPの代替モデル
第27章 代替モデル
第28章 PPPの是非

[インフラPPP研究会]の参加メンバー
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
独立行政法人国際協力機構(有志)
西村あさひ法律事務所
株式会社長大
村嶋英一・大浦雅幸・美濃部順一郎・辻本 令・宗広裕司・大和田 慶・佐藤知紘・曽我美紀子
伊藤真弥・山本輝幸・島 美穂子・小川 亮・高橋秀文・杉山卓雄・手計徹也・加藤 聡