金融機関が行う私的整理による事業再生の実務【改訂版】

金融機関が行う私的整理による事業再生の実務【改訂版】

定価:2,500円+税

編・著者名:日本政策金融公庫中小企業事業本部企業支援部[著]

発行日:2019年03月19日

判型・体裁・ページ数:A5判・並製・264ページ

ISBNコード:978-4-322-13442-1

書籍紹介

■日本政策金融公庫が地域金融機関とともに支援した再生事例10件を厳選して紹介
■事業再生に向けた金融支援手法の基礎知識を簡潔に解説
■金融機関における事業再生支援の流れと再生計画の検討の仕方をチェックポイント付きで説明

主要目次

Part1 抜本的な再生支援における
金融機関の役割と支援のポイント
1 金融機関が行う再生支援とは/2 再生支援において金融機関が果たす役割/3 再生計画成立に必要な要素/4 再生支援のポイント/5 再生支援の心構え

Part2 事業再生の基礎知識(Q&A)
第1章 事業再生と私的整理についての基礎知識
1-1 事業再生の意義と必要性/1-2 私的整理と法的整理/1-3 私的整理に関するガイドライン/1-4 公的再生支援機関/1-5 中小企業再生支援協議会の手続の流れ/1-6 地域経済活性化支援機構(REVIC:Regional Economy Vitalization Corporation of Japan)/1-7 東日本大震災被災者を対象とした再生支援機関
第2章 私的整理による事業再生における主な金融支援手法
2-1 主な金融支援手法/2-2 債権放棄の概要と留意点/2-3 債権放棄が行われた場合の債務者の税務/2-4 債権者および保証人の税務/2-5 第二会社方式の概要と留意点/2-6 第二会社方式の税務/2-7 会社分割と事業譲渡/2-8 事業価値の算定/2-9 DDSの概要と留意点/2-10 DESの概要と留意点/2-11 DESの税務/2-12 再生ファンドへの債権譲渡の概要/2-13 再生ファンド活用時の税務
第3章 金融機関による事業再生支援の流れと再生計画書の検討
3-1 金融機関による事業再生支援の進め方/3-2 対応方針の検討/3-3 実抜計画と合実計画/3-4 財務DDの内容とチェックポイント/3-5 事業DDの内容とチェックポイント/3-6 再生計画書の内容/3-7 再生計画書のチェックポイント

Part3 私的整理による事業再生事例
1 [製造業]地域の異なる店舗網を別のスポンサーに譲渡し再生【第二会社方式(実質債権放棄)】/2 [旅館業]前経営陣の干渉をDESで克服して再生【第二会社方式(実質債権放棄)・DES】/3 [製造業]スポンサー出資とメザニン融資の組合せで再生【第二会社方式(実質債権放棄)】/4 [製造業]再生ファンドと連携して大幅業績不振先を再生【DDS】/5 [製造業]再生ファンドへの債権譲渡と新規融資を組み合わせた再生【不等価譲渡】/6 [製造業]新会社の資本金維持とガバナンス維持のためDESを活用して再生【第二会社方式(実質債権放棄)・DES】/7 [製造業]大口債権者の単独DDSにより他金融機関の積極支援を引き出し再生【DDS・新規融資】/8 [製造業]既存の許認可を活かすため、現法人格を残して再生【債権放棄】/9 [製造業]スポンサー型第二会社方式案件を特定調停で迅速に処理し再生【第二会社方式(実質債権放棄)】/10 [卸売業]DDSによる支援を受けた計画進捗不芳先を経営破綻前に事業譲渡し再生【第二会社方式(実質債権放棄)】/参考:[製造業]早期段階での事業再生事例 経営者に早期の事業再生を促し、資金繰りの安定化につなげた取組み