KINZAIバリュー叢書 税から読みとく歴史・社会と日本の将来

KINZAIバリュー叢書 税から読みとく歴史・社会と日本の将来

定価:1,600円+税

編・著者名:栗原 克文 [著]

発行日:2018年08月30日

判型・体裁・ページ数:四六・並製・192ページ

ISBNコード:978-4-322-13293-9

書籍紹介

社会が税を求め、税が社会を変えた

洋の東西を問わず、歴史上の大きな出来事のきっかけが税であったり、逆に為政者が特定の政策目的をもって税制をかえることが珍しくない。経済のグローバル化、人口減少・高齢化、国家財政の悪化、格差の拡大が進むなか、税はどうあるべきか。敬遠してばかりいられなくなった税についてあれこれ考える力をつける、責任ある教養人のための一冊。

主要目次

第1章 税は社会を映す鏡
1 相互に影響し変化
2 税が世界の歴史を変えた
3 税によって社会を変える
4 社会が税に与える影響
第2章 日本社会の変化と税
1 人口減少と高齢化の進展
2 経済成長率の低下
3 格差の拡大
4 グローバル化の進展
5 情報通信技術の発達
6 国の借金の増加
第3章 今後の各税制の課題
1 いま重視すべきは「中立」か「活力」か
2 所得税
3 法人税
4 消費税
5 相続税・贈与税
6 地方税
7 国際課税
コラム
ロンドン大火からの復興と税/ドイツの犬税/日本の炭酸飲料税/スポーツ選手とイギリスの所得税/日本にもあった取引高税/国内産業保護の道具だった関税/田沼意次の改革/税務職員だった杉原千畝氏の父/発展途上国と税/夫婦弁護士事件

著者略歴

栗原 克文(くりはら かつふみ)
早稲田大学大学院会計研究科教授
早稲田大学政治経済学部卒業、英国リーズ大学大学院修士
国税庁入庁後、税務大学校研究部国際支援室長、札幌国税局・名古屋国税局課税第二部長などを経て、2017年4月より現職