デリバティブ入門講義

デリバティブ入門講義

定価:2,400円+税

編・著者名:根岸 康夫 著

発行日:2018年03月26日

判型・体裁・ページ数:A5判・並製・260ページ

ISBNコード:978-4-322-13243-4

書籍紹介

そうか!! オプションって、宝くじなんだ!! 損害保険にもなるんだ!

 思わず膝を打つ的確なたとえを駆使した、わかりやすい解説が人気を博す『現代ポートフォリオ理論講義』の“根岸節”が軽妙平易に説き明かす、オプション・先物・スワップの仕組みと効能。
 個人が証券投資を始める前に、企業の財務担当者が為替デリバ取引を始める前に、銀行員が顧客に複雑なハイリスク商品を販売する前に、これだけを正しく理解しておけば、デリバティブは怖くない!

主要目次

序章 なぜデリバティブを学ぶ必要があるのか

第1部 オプション
第1章 オプションの直感的理解
(1) 宝くじはオプションである/(2) 日経平均オプションを宝くじ用語で読み解く/(3) 日経平均コール・オプションを買う/(4) 日経平均プット・オプションを買う/(5) オプションを「売る」/(6) オプションは損害保険でもある
第2章 オプション・プレミアムの決定要因
(1) オプション・プレミアムの決定要因とは何か/(2) オプションをグラフに描く/(3) 原資産価格の影響/(4) 権利行使価格の影響/(5) ボラティリティの影響/(6) 残存期間の影響
第3章 オプションの合成
(1) 一般的なオプションのグラフ/(2) ストラドルの買い(ロング)、売り(ショート)/(3) バタフライの買い(ロング)、売り(ショート)/(4) ヴァーティカル・スプレッド(ブル型、ベア型)/(5) プロテクティブ・プット、カバード・コール
第4章 プット・コール・パリティ
(1) 期日の日経平均がいかなる場合でも確実に利益を得る方法/(2) 裁定取引の原理/(3) オプションで「先物取引と同じ商品」をつくろう/(4) プット・コール・パリティ
第5章 時間価値を含めたオプション損益線
(1) オプションの反対売買による決済/(2) オプションの本当の損益線/(3) 時間価値/(4) オプションの感応度
第6章 隠れているオプション(複合金融商品)
(1) 新株予約権付社債(転換社債型、CB)/(2) 他社株転換条項付社債(EB)/(3) CBにトラブルが少なく、EBにトラブルが多い理由/(4) 日経平均リンク債

第2部 先  物
第7章 株式先物
(1) 先物取引とは/(2) 先物取引の数値例/(3) 先物の理論価格/(4) 先物によるヘッジ取引
第8章 外貨先物(為替予約)
(1) 金利平価 為替予約付ドル金利vs円金利/(2) TTSとTTB/(3) 購買力平価説/(4) ドル預金を先物取引として理解する

第3部 スワップ
第9章 金利スワップ
(1) 金利スワップの概要/(2) スワップ・レートの理論値/(3) 金利スワップの目的(動機)/(4) FRA(Forward Rate Agreement、金利先渡契約)
第10章 通貨スワップ
(1) 通貨スワップの概要/(2) 通貨スワップの目的/(3) 通貨スワップの理論値
第11章 その他のスワップ
(1) DES(Debt Equity Swap)/(2) CDS(Credit Default Swap)
補 講 オプション価格理論

著者略歴

根岸 康夫(ねぎし やすお)
1959年 兵庫県神戸市生まれ。
1984年 東京大学医学部保健学科(疫学教室)卒。
1984年 株式会社芙蓉情報センター総合研究所(現在のみずほ情報総研)入社。
1987年 Deloitte Haskins & Sells(現在の監査法人トーマツ)入所。
1993年 根岸公認会計士事務所設立。
公認会計士・税理士。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。情報処理技術者(特種)。中小企業大学講師。きんざいFP専任講師。早稲田大学講師(非常勤)。著書に『現代ポートフォリオ理論講義』(2006年、金融財政事情研究会刊)。