改正保険業法の解説
-顧客のための保険募集の実現に向けて

改正保険業法の解説<br><small>-顧客のための保険募集の実現に向けて</small>

定価:4,200円+税

編・著者名:樽川 流・佐藤 寿昭・錦野 裕宗・大村 由紀子[著]

発行日:2017年09月07日

判型・体裁・ページ数:A5・並・352ページ

ISBNコード:978-4-322-13047-8

書籍紹介

保険募集における「顧客本位」の本質に迫る!

  • 保険業法と監督指針の改正に携わった金融庁担当者と弁護士による詳細な解説!
  • 主な募集形態について、意向確認も含めたプロセスを例示し、実務にも対応!
  • 保険業界団体との意見交換や金融審議会保険ワーキング・グループの議論を踏まえて行われた改正の検討過程を紹介する貴重な記録!
  • 生命保険会社・損害保険会社の担当者や保険業務に携わる弁護士必携の1冊!

主要目次

第1章 改正保険業法の施行まで
第1節 金融審議会保険WGまでの経緯
第2節 金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」の開催について
第3節 改正保険業法・監督指針について 結 語
第2章 改正保険業法に関連した監督指針の改正について
第1節 監督指針改正に向けた対応について
第3章 改正保険業法の解説
第1節 保険募集の意義
第2節 情報提供義務(改正保険業法第294条関係)
第3節 意向把握・確認義務(改正保険業法第294条の2関係)
第4節 直接支払いサービスについて
第5節 保険募集人の体制整備義務関係
第6節 特定保険募集人に係る義務(帳簿書類の作成・保存義務/事業報告書の作成・提出義務)
第7節 比較推奨販売に係る「情報提供義務」と「体制整備義務」について
第8節 改正保険業法の施行に伴う保険代理店に対するヒアリングの実施について
第4章 電話による保険募集を行う際の留意点
第5章 特別利益の提供の禁止に関する解釈の再整理について
第1節 特別利益の提供の禁止に関する解釈の再整理の背景について
第2節 具体的な解釈の再整理について
おわりに

執筆者紹介*所属は平成29年6月現在

樽川  流
金融庁監督局保険課 損害保険・少額短期保険監督室長(平成26年7月~現職)

佐藤 寿昭
金融庁監督局保険課 保険サービス監視専門官(平成25年7月~現職)

錦野 裕宗
中央総合法律事務所 弁護士(元 金融庁監督局保険課課長補佐(平成17年4月~平成19年5月))(金融庁金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」メンバー(平成24年6月~平成25年6月))

大村由紀子
長島・大野・常松法律事務所 弁護士(元 金融庁監督局保険課・銀行第一課課長補佐(平成26年8月~平成28年8月))