地域金融機関による事業性評価と地方創生

地域金融機関による事業性評価と地方創生

定価:2,000円+税

編・著者名:あおぞら地域総研株式会社【著】

発行日:2016年12月26日

判型・体裁・ページ数:A5・並製・144ページ

ISBNコード:978-4-322-13041-6

書籍の説明

著者紹介

あおぞら地域総研株式会社(Aozora Regional Consulting Co., Ltd)
 地域活性化と地方再生に関するさまざまな提案を地域金融機関に行うことを目的に2013年3月にあおぞら銀行の100%子会社として設立された地方創生シンクタンク。
 全国の地域金融機関に対して取引先企業の事業性評価コンサルティング、経営改善支援専門家人材の育成サポート、地方創生の具体化提案を行っている。

書籍紹介及び主要目次

地方創生を実践するためのヒントが満載!

地方創生が具体化されるためには、企業、企業間連携、そして地域全体においてイノベーション(地域の資源を新たな枠組みで組み合わせて経済効果を生じさせること)が重要である。地域金融機関における事業性評価を通じた地方創生の事例を紹介しながら、地方創生がイノベーションの働きによって動き始めるダイナミズムを描き出す!

●事業性評価を通じた地方創生の具体化、地域金融機関による事業性評価のプロセスの解説など、金融機関の担当者の実務に役立つツールを提供。
●金融機関が果たしうる役割とは何か?――観光のイノベーションを通じた地域経済活性化、商店街を通じたまちづくりによる産学官金連携の事例を紹介。
●地域金融機関において、地方創生に関する業務に携わる職員、事業性評価に関する業務に携わる職員にとって必携の1冊!

 ●主要目次●
第1章 地方創生と事業性評価におけるイノベーション
1 地方創生と事業性評価
2 事業性評価人材
3 事業性評価の技術
4 具体的な事業性評価の例
5 ステップ1 財務収支構造の把握
6 ステップ2 経営課題の把握
7 ステップ3 経営課題の解決提案
8 売上増加がむずかしいときの対策
9 事業性評価と地域資源の組合せ
10 事業性評価が金融機関に与えるもの

第2章 観光のイノベーションを通じた地方創生の可能性
1 地方創生と観光
2 観光資源で似ている都道府県をグルーピングする
3 観光客はどこから来ているのか
4 何に観光客はお金を使うのか
5 地域のどのような観光資源の要因が人を呼び込むのか
6 観光のイノベーションの可能性

第3章 地域のイノベーション
1 自由が丘への来街者とまちのようす
2 顧客を呼び込む要因
3 自由が丘の自律を支える3つの組織
4 データに基づいた地域戦略づくり
5 スペシャルイベントを通じた産学官金連携

第4章 地方創生とイノベーションの理論
1 イノベーションを理解する
2 地方創生とイノベーション
3 地方創生にイノベーションはどのように機能するのか
4 イノベーションを3つの面からとらえる
5 企業のイノベーション
―企業にはなぜイノベーションが必要なのか
6 企業間連携のイノベーション
―企業と関係当事者間の関係をつくることはなぜ必要なのか
7 金融機関は企業間連携を促すことができる
8 地域イノベーションシステム
9 地域イノベーションシステムにおける地域金融機関の機能