詳解 保険業法

詳解 保険業法

定価:8,500円+税

編・著者名:吉田 和央

発行日:2016年07月21日

判型・体裁・ページ数:A5判・上製・864ページ

ISBNコード:978-4-322-13013-3

書籍紹介

著者の略歴

弁護士 吉田 和央(よしだ かずお)   
平成12年 奈良学園高等学校卒業   
平成16年 東京大学法学部卒業   
平成19年 東京大学法科大学院修了   
平成20年 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)   
平成21年 森・濱田松本法律事務所入所(現在に至る)   
平成24年
  金融庁監督局保険課に出向(課長補佐)、同局総務課、銀行第一課、法令等遵守調査室を併任(平成24年7月~同26年6月)   
平成27年
  コロンビア大学ロースクール卒業(LL.M., Harlan Fiske Stone Scholar受賞)   
  ニューヨーク州司法試験合格   

書籍紹介及び目次抜粋

「保険業法を体系的かつ網羅的に解説した画期的な書」   
野村修也氏(中央大学法科大学院教授) 絶賛! 
◆平成28年5月29日施行の改正保険業法に対応した最新のコンメンタール。   
◆改正保険業法の立案に携わった著者が、法令のみならず、監督指針、当局の報告書、パブリックコメント手続やノーアクションレター回答などの内容を含め、詳細に解説。   
◆保険会社・代理店担当者、金融機関の保険窓販担当者、弁護士等の実務家必携の一冊。   
◆巻末に、保険業法・施行令・規則、監督指針等の「改正年表」と、対応する当局の報告書やパブリックコメント手続等を一覧表形式で掲載。   
●主要目次●   
第1編 総 論   
1 保険業法の目的および体系/2 当局による保険業法の解釈・運用/3 保険業法に関する国際ルール/4 自主ルール   
第2編 保険業の規制・監督   
第1章 通 則   
第1節 保険業の意義/第2節 子会社・子法人等・関連法人等の意義   
第2章 保険会社の規制・監督   
第1節 免許制/第2節 人的構成等/第3節 業務範囲規制/第4節 業務運営に関する措置/第5節 その他の業務規制/第6節 子会社範囲・議決権の取得等の制限/第7節 経 理/第8節 監督/第9節 組織再編等/第10節 破綻等の処理   
第3章 外国保険会社等の規制・監督   
第1節 免許制・海外直接付保規制/第2節 人的構成等/第3節 業務範囲規制/第4節 業務運営に関する措置/第5節 その他の業務規制/第6節 子会社範囲・議決権の取得等の制限/第7節 経理/第8節 監督/第9節 組織再編等/第10節 破綻等の処理/第11節 駐在員事務所の届出/第12節 特定法人の特則   
第4章 保険会社の株主の規制・監督   
第1節 規制導入の経緯/第2節 各制度の比較/第3節 議決権のみなし保有/第4節 保険議決権大量保有者/第5節 保険主要株主/第6節 保険持株会社/第7節 金融コングロマリットの監督   
第5章 少額短期保険業者等の規制・監督   
第1節 少額短期保険業制度/第2節 認可特定保険業制度   
第3編 保険募集の規制・監督   
第1章 総 論   
第1節 保険業の規制・監督との関係/第2節 保険募集の意義/第3節 保険募集人と保険仲立人の差異   
第2章 保険募集人による保険募集の規制・監督   
第1節 登録・届出制/第2節 保険募集に関する義務/第3節 保険募集に関する禁止行為/第4節 特定保険契約に対する金商法の準用/第5節 銀行窓販/第6節 監督/第7節 保険募集に関する民事上の規定   
第3章 保険仲立人による保険募集の規制・監督   
第1節 登録・届出制/第2節 保険募集に関する義務/第3節 保険募集に関する禁止行為/第4節 特定保険契約に対する金商法の準用/第5節 銀行窓販/第6節 監督/第7節 保険募集に関する民事上の規定   
第4編 指定紛争解決機関の規制・監督   
1 指定等/2 業 務/3 監 督   
〈巻末〉 主な法令・指針の改正年表