xVAチャレンジ―デリバティブ評価調整の実際

xVAチャレンジ―デリバティブ評価調整の実際

定価:8,000円+税

編・著者名:Jon Gregory[著]・KPMG/あずさ監査法人金融事業部[訳]

発行日:2018年01月11日

判型・体裁・ページ数:A5判・上製・776ページ

ISBNコード:978-4-322-12888-8

書籍紹介

CVAからxVAへ
進化するデリバティブ評価モデルの理論と実践的運用法

 CVA(信用価値評価調整)    
 ColVA(担保価値評価調整)

 DVA(負債価値評価調整)    
 MVA(証拠金価値評価調整)   

 FVA(ファンディング価値評価調整) 
 KVA(資本価値評価調整)
xVA

 

■グローバル金融危機以降、デリバティブ評価で特に注目されることとなった、xVAの概念と具体的な影響例、xVAの全体的管理、将来の方向性を包括的に解説。
■追加的な資本賦課、清算集中義務、相対取引における担保差入れの義務化など、カウンターパーティリスクの削減とコントロールを目的とした店頭デリバティブ規制強化への対応を迫られている金融機関とエンドユーザー待望の初翻訳版。
■デリバティブ専門家、ファイナンス研究者、金融機関で市場関連業務に関与する実務家・マネジメント層必読の書。

著者ウェブサイト上に数学的詳細と計算例スプレッドシートを公開中

  • 第1章 序  論
  • 第2章 グローバル金融危機
    危機以前/金融危機/規制改革/反発と批判/新たな世界
  • 第3章 店頭デリバティブ市場
    デリバティブ市場/デリバティブのリスク/デリバティブのリスク管理
  • 第4章 カウンターパーティリスク
    背景/構成要素/コントロールと定量化/CVAを越えて/まとめ
  • 第5章 ネッティングとクローズアウト
    序説/デフォルト、ネッティング、クローズアウト/マルチラテラル・ネッティングと取引のコンプレッション/終了の仕組みとリセット/まとめ
  • 第6章 担  保
    序論/担保の条件/担保の仕組み/担保とファンディング/担保の利用/担保のリスク/規制上の担保の要件/カウンターパーティリスクの資金流動性リスクへの変換/まとめ
  • 第7章 クレジットエクスポージャーとファンディング
    クレジットエクスポージャー/エクスポージャーの測定指標/エクスポージャーの変動要因/ネッティングと担保がエクスポージャーに与える影響/ファンディング、再担保、および分別保全
  • 第8章 所要資本と規制
    信用リスク資本の背景/カレントエクスポージャー方式(CEM)/内部モデル方式(IMM)/カウンターパーティ信用リスクエクスポージャーの計測に係る標準的手法(SA-CCR)/EADの手法の比較/バーゼルⅢ/CVA資本賦課/他の重要な規制要件/まとめ
  • 第9章 カウンターパーティリスクの仲介
    序論/SPV、DPC、CDPC、モノライン/中央清算機関/まとめ
  • 第10章 クレジットエクスポージャーの定量化
    序論/クレジットエクスポージャーの定量化/モンテカルロ法/現実世界かリスク中立か/モデル選択/数値例/エクスポージャーの配賦/まとめ
  • 第11章 エクスポージャーと担保効果
    概要/マージンリスク期間/数値例/当初証拠金/まとめ
  • 第12章 デフォルト確率、クレジットスプレッド、ファンディングコスト
    概要/デフォルト確率/クレジットカーブのマッピング/汎用的なカーブの構築/ファンディングカーブと資本コスト/まとめ
  • 第13章 割引と担保
    概要/ディスカウンティング/完全担保を越えて/担保価値評価調整(ColVA)/まとめ
  • 第14章 信用価値評価調整(CVA)と負債価値評価調整(DVA)
    概要/信用価値評価調整(CVA)/クレジットの仮定が与える影響/CVAの配賦とプライシング/有担保のCVA/負債価値評価調整(DVA)/まとめ
  • 第15章 ファンディング価値評価調整(FVA)
    ファンディングとデリバティブ/ファンディング価値評価調整(FVA)/FVAの実務的な適用/まとめ
  • 第16章 証拠金価値評価調整(MVA)と資本価値評価調整(KVA
    概要/証拠金価値評価調整(MVA)/資本価値評価調整(KVA)/まとめ
  • 第17章 誤方向リスク
    概要/誤方向リスクの概要/誤方向リスクの定量化/誤方向リスクのモデル化の手法/まとめ
  • 第18章 xVAの管理
    序論/xVAデスクの役割/xVAのヘッジ/xVAシステム/まとめ
  • 第19章 xVAの最適化
    概要/市場慣行/数値例/コストと各xVAのバランス/xVAの最適化/まとめ
  • 第20章 将  来

監訳者略歴

北野 利幸
KPMG/あずさ監査法人 金融事業部 金融アドバイザリー部 ディレクター
博士(工学)、米国公認会計士(ワシントン州)
東京大学教養学部卒、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。政府系銀行、米系格付会社、米系投資銀行を経て、2009年にKPMG/あずさ監査法人入所。2012年から金融庁監督局に出向、公正価値評価と規制内部モデルの専門家としてグローバル金融機関の監督に従事しながら、証券取引等監視委員会の検査官としてオンサイト検査にも参加。バーゼル銀行監督委員会の調査部会において、CVAを含む規制内部モデルの整合性に関するグローバルな実態調査に携わる。2015年より米国KPMGのニューヨーク事務所に派遣、2017年より現職。