証券事典

証券事典

定価:15,000円+税

編・著者名:証券経済学会・公益財団法人日本証券経済研究所(編)

発行日:2017年06月30日

判型・体裁・ページ数:A5・上製・1020ページ

ISBNコード:978-4-322-12881-9

謝恩価格商品のご購入方法

こちらの商品は謝恩価格商品になります
ログインすることで、カートが表示されご購入が可能になります

書籍紹介

ダイナミックに変貌する証券市場を読み解く!
斯界の研究者が総力を結集した体系的大事典

●証券の基本的な機能、証券化の仕組み、証券発行市場および流通市場の構造、デリバティブ市場の発展、資産運用業の変遷、フィンテックの台頭……複雑な証券市場の成り立ちを一から理解できる豊富なトピックを収録
●バブル崩壊と金融システム改革、通貨危機、ITバブル、リーマンショック、シャドーバンキングの台頭、目まぐるしい変化を繰り返しながらグローバル化が進む金融・証券市場の全貌を解き明かす ●証券投資理論および投資管理について、その歴史から、株式・債券・オルタナティブなどアセットごとの最新投資理論、パフォーマンス・リスク管理の手法まで幅広く解説
●会社法、金融商品取引法等、資本市場法制の概念とその目的、法整備に至るまでの沿革を整理。さらに日本および諸外国の証券税制についても詳説 推薦 神田秀樹氏(東京大学名誉教授・学習院大学教授) 白川方明氏(前日本銀行総裁・青山学院大学特任教授) 吉野直行氏(慶應義塾大学名誉教授・アジア開発銀行研究所所長)

主要内容

第Ⅰ編 証券市場の概念
第1章 証  券
第2章 証券の発行主体と所有主体
第3章 証券市場
第4章 証券発行市場
第5章 証券流通市場
第Ⅱ編 証券市場の構造
第1章 金融構造と証券市場
第2章 証券発行市場の構造
第3章 証券流通市場の構造
第4章 デリバティブ市場
第5章 証券業
第6章 証券関連業
第7章 資産運用業
第8章 証券市場の歴史
第Ⅲ編 投資理論と投資管理
第1章 証券投資理論
第2章 コーポレートファイナンス
第3章 証券投資管理
第Ⅳ編 証券市場のグローバル化と 主要国・地域の証券市場
第1章 証券市場のグローバル化の進展
第2章 金融危機とグローバルな波及
第3章 アメリカの証券市場
第4章 ヨーロッパの証券市場
第5章 新興諸国の証券市場
第Ⅴ編 資本市場法制
第1章 資本市場法の目的と対象
第2章 資本市場法制
第3章 諸外国の資本市場法制 第4章 証券税制