M&Aと組織再編のすべて

M&Aと組織再編のすべて

定価:10,000円+税

編・著者名:Donald M.DePamphilis(著)、株式会社KPMG FAS(訳)

発行日:2017年03月30日

判型・体裁・ページ数:A5・並製・872ページ

ISBNコード:978-4-322-12636-5

謝恩価格商品のご購入方法

こちらの商品は謝恩価格商品になります
ログインすることで、カートが表示されご購入が可能になります

書籍紹介

M&Aと組織再編に関する「すべて」を一冊に収録

◆アメリカのビジネススクールで定評のある教科書 “Mergers, Acquisitions, and Other Restructuring Activities”(第7版)の日本語訳です。
◆事業戦略や買収戦略の立案方法、ターゲットの探し方、企業価値評価の方法、買収形態や対価の決め方、買収後の統合・再編活動、企業倒産をめぐるチキンゲーム、買い手・売り手の税務・会計……。企業買収、企業組織再編に関するすべてのテーマが詳細に解説されています。買収・再編活動の前提となる事業戦略の立案方法の解説は、金融機関の役職員が取引先の「事業性評価」を実施する際にも参考になります。
◆P&Gによるジレットの買収、マイクロソフトによるスカイプの買収、ミッタルとアルセロールの対等合併、中国企業の裏口上場、創業者の支配権を維持したフェイスブック上場など近年の多数の取引事例が紹介されており、アメリカにおけるダイナミックな企業買収・再編の動きと業界再編の背景がわかります。
◆M&Aや組織再編活動が株価にどのような影響を与えるのか。買収や対価の形態によって差はあるか。成功と失敗を分ける要因は何か。欧米における膨大な学術研究を参照し、コンパクトに紹介しています。

 

主要目次

第1部 M&Aを取り巻く環境
第1章 合併、買収およびその他の再編活動の概要
第2章 規制環境
第3章 企業買収市場
 一般的な買収戦術、買収防衛策、そしてコーポレートガバナンス
第2部 M&Aプロセス
フェーズ1-10
第4章 計画立案:事業計画および買収計画の策定
 買収プロセスの第1および第2フェーズ
第5章 買収実行:調査からクロージングまで
 買収プロセスのフェーズ3からフェーズ10
第6章 クロージング後の統合:合併、買収、業務提携
第3部 M&Aにおける価値評価と財務モデルの構築
第7章 キャッシュフローに基づく価値評価の基礎
第8章 比較評価法、資産を重視する手法、およびリアルオプション分析に基づく価値評価の基礎
第9章 M&Aにおける評価、ストラクチャーの設計および交渉のための財務モデルの適用
第10章 非公開企業の分析と価値評価
第4部 ディールストラクチャーの構築および資金調達戦
第11章 ディールストラクチャーの構築①
 対価および法律上の検討事項
第12章 ディールストラクチャーの構築②
 税務上および会計上の検討事項
第13章 M&A取引の資金調達
 プライベートエクイティ、ヘッジファンド、その他の資金調達先
第14章 ハイレバレッジ取引
 LBOの価値評価およびモデリングの基本
第5部 M&Aに代替する事業戦略およびリストラクチャリング戦略
第15章 ビジネスアライアンス
 ジョイントベンチャー、パートナーシップ、戦略的提携、ライセンス契約
第16章 さまざまな出口戦略と再編戦略①
 売却、スピンオフ、カーブアウト、スプリットオフ、トラッキングストック
第17章 さまざまな出口戦略と再編戦略②
 倒産手続に基づく再生と清算
第18章 クロスボーダーM&A
 分析と価値評価