もしも、そのお客様が反社会的勢力だったら?

もしも、そのお客様が反社会的勢力だったら?

定価:1,980円+税

編・著者名:関聖・石塚智教 著

発行日:2014年12月17日

判型・体裁・ページ数:四六並・208ページ

ISBNコード:978-4-322-12600-6

書籍の説明

著者の略歴

関 聖(せき きよし)   
早稲田大学法学部卒業、1990年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。2000年大阪弁護士会「弁護士業務改革委員会」副委員長、2002年大阪弁護士会「民事介入暴力及び非弁護士活動対策委員会」委員、2004年大阪弁護士会「司法修習委員会」委員、2007年近畿大阪銀行社外監査役(現任)。   
 
石塚智教(いしづか とものり)   
東京大学法学部卒業、2004年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。同会「民事介入暴力対策委員会」委員。2006年~2009年大手証券会社、2009年~2011年金融庁 監督局 総務課。   

書籍紹介及び目次抜粋

本書は、金融機関の支店でとるべき対抗策をケース別にわかりやすく解説しました。   
支店を守る支店長・役席者のための実務書です。   
あなたの支店はねらわれています!   
◆金融機関は、反社会的勢力との取引を謝絶しなければなりません。しかし、彼らは組織実態を隠ぺいするとともに、活動形態も一般の企業を装うなどして、巧妙に金融機関と取引しようとします。   
◆もし口座開設の申込者が反社会的勢力の疑いがあったら、もし融資申込者に融資証明書を発行した後で反社会的勢力の疑いが生じた場合は、もし既存取引先が反社会的勢力だとわかったら、支店長や役席者はどう対応したらいいのでしょうか。   
◆本書は、お客様が反社会的勢力かどうかを判別する方法から、各種金融取引の謝絶方法、部下へのサポート、職員の研修まで、支店長・役席者に求められる知識を網羅。もし、知っていないと、重大な問題に発展してしまうおそれがあります。   
●主要目次●   
第1章 窓口・担当者の対応   
 1節 新規顧客からの申込みへの対応   
1 口座開設の申込み(その1)/2 口座開設の申込み(その2)/3 融資の申込み/4 信用保証協会からのあっせん/5 担保提供者/6 生命保険の申込み/7 投資信託の申込み   
 2節 事後的に反社会的勢力に該当することが判明した既存顧客への対応   
1 普通預金口座名義人/2 事業性融資先(その1)/3 事業性融資先(その2)/4 住宅ローン貸出先/5 カードローン顧客/6 業務委託業者/7 既存取引先から排除する場合の手続概要/8 既存取引を解消するかどうかの判断   
 3節 その他   
1 暴力団関係企業の判別方法/2 顧客の取引先等が反社会的勢力の疑いがある場合   
第2章 支店長・役席者の留意事項、不当要求への対応   
1 関係遮断のための部下へのサポート/2 職員の研修/3 外部機関との連携/4 不当要求(その1)/5 不当要求(その2)   
第3章 反社会的勢力排除の基本   
1 反社会的勢力とは誰か/2 反社会的勢力との関係遮断が求められる理由/3 反社会的勢力と取引をした場合の罰則/4 金融行政における評価/5 最近の暴力団の活動の傾向/6 反社会的勢力の活動を規制する法令/7 暴力団排除条例とは何か/8 暴力団排除条項とは何か/9 会員・組合員からの排除/10 反社会的勢力への対抗手段/11 反社会的勢力への対応についての相談機関/12 警察からの情報提供/13 業界団体等における対応/14 金融機関の態勢整備(監督指針等の改正)/15 債権買取制度