株式上場の実務【第4版】

株式上場の実務【第4版】

定価:2,640円(税込)

編・著者名:みずほ銀行証券業務部 みずほインベスターズ証券引受部著

発行日:2011年08月29日

判型・体裁・ページ数:A5・296ページ

ISBNコード:978-4-322-11916-9

書籍の説明

書籍紹介及び目次抜粋

新興市場ヘラクレス、JASDAQ、NEOの一本化に対応!
銀行や証券会社の取引先企業が新規株式上場する際の手続きやノウハウを、実務家がわかりやすく解説。
各市場の規則改正、申請書類の改定、反社対応確認書の改定に完全対応。
◆株式上場に関するQ&A、上場に関する各種データを新規掲載!
◆株式上場を目指す企業の経営企画担当者、金融機関の法人担当者、その他株式上場にかかわるすべての者、必読の書!
●主要目次●
第1章  株式上場検討開始
第1節 株式上場の定義
第2節 株式上場のメリット
第3節 株式上場のデメリット
第4節 株式上場の検討
第5節 最近の株式上場の環境
コラム 【東日本大震災の影響】――新規上場に係る審査基準の特例措置について
第2章  株式上場の準備
第1節 株式上場に携わる関係者
第2節 株式上場に関連する法律・規制
第3節 上場までの一般的な流れ
第4節 プロジェクトチームの発足
第5節 事業計画の策定
第6節 資本政策
第3章  内部管理体制整備各論
第1節 組織整備、機関設計
第2節 内部管理体制の整備
第3節 会社関係者との取引関係の整備
第4節 会計制度の整備
第5節 子会社上場の整備ポイント
第4章  上場申請に向けて
第1節 申請種類の作成
第2節 証券会社の引受審査
第3節 申請直前の事務作業
第5章  申請から上場まで
第1節 取引所の株式上場審査
第2節 公募・売出手続
第3節 上場日
第6章  上場後
第1節 インサイダー取引
第2節 コーポレート・ガバナンス
第3節 情報開示とインベスター・リレーションズ(IR)
第7章  取引銀行と株式上場
第1節 銀行の役割
第2節 銀行の市場誘導業務
第3節 銀行営業担当者(RM)の役割
第4節 銀行支店長の役割
第5節 コンプライアンス上の留意点
第6節 最後に~“株式上場はスタートである”
付録1 Q&A/付録2 データ集