週刊 金融財政事情

2022年11月15日号(3471号)

週刊 金融財政事情

 

                          特集      
          インバウンド再開の 
          経済力 
    

『きんざい Online』のご紹介

スマートフォンPC、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1IDあたり1,320円/月、お支払はPayPalを利用)になりました。記事単位でのご購入も可能です、また無料記事も多数掲載しております。
☞『きんざい Online』のお申込みはこちらから。

 

 

目次

特集

インバウンド再開の経済力

〈インタビュー〉
広域観光圏を形成し、コロナ前を上回る経済効果を目指す

関西観光本部 代表理事 東井 芳隆
経常収支と円安の是正効果が期待されるも早期回復は困難
第一生命経済研究所 首席エコノミスト 熊野 英生
政府目標は険しいが、日本のインバウンドには十分な成長余地
ジャパン ローカライズド 代表 宮本 大
インバウンド復活を支援する金融機関の新たなサービス
編集部

論考・解説

仕組み債問題から考えるコンダクトリスク管理上の課題
金融庁 総合政策局 信森 毅博/宮下 文明
「専門家プラットフォーム」の形成で地域内エコシステムを構築
とうほう地域総合研究所 理事長 矢吹 光一
担当部長 高野 浩一
評価業務の内製化が特徴の新生銀行「サステナブルインパクト」
新生銀行 サステナブルインパクト推進部長 長澤 祐子

時論

高齢者資産の寿命延伸の視点を
SBI金融経済研究所 理事長 政井 貴子

新聞の盲点

ほぼ利用ゼロの全銀ネット「ZEDI」がインボイス制度で覚醒

NewsSquare

SMBC日興・三井住友FGが相場操縦等を巡る社内処分を発表
横浜銀行などが運営する共同システムに広島銀行が合流
金融審議会が事業成長担保権の法制化に向けた議論を開始
FRBが4会合連続で0.75%利上げ、他中銀は利上げ減速も

トレンド

〈株式市場〉
米国株は神経質な展開が続くが、日経平均は年内3万円も視野
大和証券 壁谷 洋和
〈商品市場〉
景気減速で銅価格が下落、高値の75%で取引が続く
住友商事グローバルリサーチ 本間 隆行
〈ズームアップ経済統計〉
ドル安からドル高へ、コロナ禍で激しく変動する為替相場
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 廉 了

連載

金融と経済と人間と(310)
金融・経済・人間研究者 大森 泰人
多様性の調和から生まれる国際基準(4)
OECD保険・私的年金委員会 議長 河合 美宏
ひまわり
〈城北信用金庫〉地元「ご当地ソング」をプロデュース
支店長室のウラオモテ
地銀「東京支店」の融資事情
私の支店経営
SMBC日興証券 日本橋支店長 武田 弘樹
隣の金融機関
高山信用金庫
金融コンサルタント 渡辺 昇
Baila Bien
〈三井住友海上火災保険〉空き家プラットフォームで火災保険販売
一人一冊
『終止符のない人生』
反田恭平 著/幻冬舎
〈評者〉ボードアドバイザーズ シニアパートナー 安田 結子

書架

『コロンビア共和国憲政史』

豆電球

先祖返りの愚?

次回号(11月22日号)のお知らせ

特集

ポイントマーケティングの新潮流
共通ポイント市場が5大陣営に集約されてきた。ペイペイは「ペイペイポイント」をグループ外にも開放し、カルチュア・コンビニエンス・クラブの「Tポイント」と三井住友カードの「Vポイント」は24年春にも共同で新ブランドを立ち上げる。競争が激化するなか、会員数やポイント発行量に加えて顧客分析力や使い勝手の良さも差別化要素となってきた。
共通ポイントが促す経済圏への誘引
編集部
共通か自社か──重要な戦略ツールとなったポイントサービス
エムズコミュニケイト 岡田 祐子
顧客の維持・拡大に寄与するATMでの「ポンタ」付与
ローソン銀行 東川 友紀

※一部変更になる場合がございます。

金融財政事情の価格改定について

2023年4月以後のお申込み(または4月号以後の購読起算月)の年間購読料を31,680円(税込)に改定させていただくこととなりました。

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。