週刊 金融財政事情

2020年6月15日号(3359号)

週刊 金融財政事情

 

        特集 
     本当の
    中 国 経 済

『きんざい Online』のご紹介

スマートフォンPC、『週刊金融財政事情』の記事が読み放題(月額会員1IDあたり1,320円/月、お支払はPayPalを利用)になりました。記事単位でのご購入も可能です、また無料記事も多数掲載しております。
☞『きんざい Online』のお申込みはこちらから。

 

 

目次

特集

本当の中国経済

経済回復を後押しする過去に例のない消費刺激策
岡三証券 上海駐在員事務所 後藤 好美
先行き不透明で経済的困難に陥る人々も
リフィニティブ フランク・リン/藤森 英明
景気浮揚の号砲を鳴らせなかった全人代
大和総研 主席研究員 齋藤 尚登
習政権が唱えた「強国復権」は絵に描いた餅に
東京財団政策研究所 主席研究員 柯 隆

インタビュー

資本性の資金供給で取引先の攻めのニーズにも対応していく
みずほフィナンシャルグループ 社長 坂井 辰史

論考・解説

ポストコロナに向け、地域金融機関が目指すべき道
経営共創基盤 CEO 冨山 和彦
「人生100年時代」に求められる新たな金融サービス
MUFG相続研究所 所長 小谷 亨一
新型コロナ感染のリスクを「見える化」して分かった真実
プロモントリー・フィナンシャル・ジャパン CEO 大山 剛
日経金融工学研究所 調査開発部 森田 和樹/山本 隼也

時論

地方経済にチャンス到来
京都大学 特任教授 川北 英隆

新聞の盲点

急伸する無利子・無担保融資、単なる延命では将来に禍根も

News Square

金融機能強化法改正案を閣議決定、新たな特例を導入へ
SBIHDが地方創生会社設立へ、新生銀、山口FGなどが出資
北海道銀行が地域商社を設立、地元農産物の流通事業に参入
共同窓口方式による地銀と郵便局の連携進む
OPECプラスが協調減産延長で合意

トレンド

〈為替市場〉
ドル円相場は9月末にかけ1ドル=107~112円と上昇傾向
大和アセットマネジメント 亀岡 裕次
〈米国経済〉
経済活動の年内復元は困難
信金中央金庫 角田 匠
〈ズームアップ経済統計〉
64年度にゼロだった新規国債発行額、20年度は過去最高へ
三井住友DSアセットマネジメント 宅森 昭吉

連載

金融と経済と人間と(198)
第一生命経済研究所 顧問 大森 泰人
金融実務者のためのデータ分析教室(10)・完
ルートエフ・データム ディレクター 久永 忠
ひまわり
〈大和証券〉絵本を通じて学ぶ金融教育
支店長室のウラオモテ
相談できない若手行員
私の支店経営
南都銀行 前・御所支店長 大西 廣到
熱い金融マン列伝(15)
きらぼし銀行 強瀬 理一さん
金融経営研究所 所長 山口 省藏
一人一冊
『セラピスト』
最相葉月 著/新潮社
〈評者〉ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ マネージング・ディレクター 安田 結子

オンレコ オフレコ

コロナ禍で手持ち無沙汰のFA

豆電球

中小企業への公的資本注入は過剰

次回号(6月22日号)のお知らせ

特集

ポストコロナの経済財政運営
今年度の第2次補正予算が5月27日に閣議決定され、近く成立する見込みだ。第1次補正予算と合わせた事業規模はGDPの4割に相当する234兆円。安倍首相は「空前絶後の規模」と表現する。資金繰りに苦しむ中小企業を支え、日本経済は再び成長軌道への歩みを取り戻せるのか。
財政支出で事業継続を支え、内需主導で経済回復させる
経済再生担当大臣 西村 康稔
財政のインフレ目標を設定し、切れ目ない支援を
経済評論家 中野 剛志
古い常識から解かれた財政拡大でアベノミクスは2.0へ
ソシエテ・ジェネラル証券 会田 卓司
歯を食いしばって耐える中小・小規模事業者
編集部

※一部変更になる場合がございます

バックナンバーについて

きんざいストアからバックナンバーの単品購入はできません。

在庫状況によりご購入いただける場合がありますので、株式会社きんざいにお問い合わせください。

また、電子書籍でのバックナンバー販売をしている場合がありますので、ご利用ください。

個人会員向け特別価格について

これまできんざいストアの個人会員の方に「週刊金融財政事情」を特別価格でご提供してまいりましたが、5月1日のお申込みから、通常価格でのご提供になります。

ご理解を賜りますようお願い申し上げます。