←前のページに戻る

定期刊行誌

→バックナンバー一覧へ

関連リンク

月刊 登記情報

2008年2月号(555号)

特集

新しい不動産登記オンライン申請


目次

法窓一言
ADRの次の一手
九州大学大学院法学研究院教授 レビン 小林 久子
特集 新しい不動産登記オンライン申請
1 不動産登記令の一部を改正する政令等の概要
法務省民事局民事第二課補佐官 千葉 和信
資料1 不動産登記令の一部を改正する政令新旧対照条文
資料2 不動産登記規則の一部を改正する省令新旧対照条文
資料3 不動産登記事務取扱手続準則(平17・2・25民二 第456号民事局長通達)新旧対照条文
資料4 不動産登記令の一部改正等に伴う登記事務の取扱い について(平20・1・11民二第57号民事局長通達)
2 新しい不動産登記オンライン申請の実務−第1回基礎編 −
司法書士(青森県会) 西澤 英之
3 不動産登記オンライン申請体験記
司法書士 大野 静香
話題 不動産鑑定士調停センターの開設
社団法人日本不動産鑑定協会法務鑑定委員長・不動産鑑定士  小谷 芳正
筆界特定制度と境界確定訴訟の関係
広島大学准教授 園田 賢治
司法書士のための会社法の諸論点
〔東京司法書士会 商事法務・企業法務研修会 講演録〕
TMI総合法律事務所・弁護士 葉玉 匡美
誌上セミナー
信託法入門セミナー(3)−金融商品としての信託という視 点−
渋谷 陽一郎
シリーズ ABL(動産・債権担保融資)
債権譲渡登記手続のポイント
司法書士 江島 義昭
商業登記実務のための会社法Q&A(17)
吸収合併における株主資本の計算
法務省民事局付 小松 岳志/法務省民事局付 検事 澁谷 亮
重要判例ナビ
譲渡担保権者の債権者が被担保債権の弁済期後に目的不動産 を差し押さえた場合において設定者が第三者異議の訴えにより強 制執行の不許を求めることの可否(最二小判平18・10・2 0)
早稲田大学准教授 青木 則幸
コンプライアンス道場(第8回)
弁護士・中央大学法科大学院教授 升田 純
司法書士・土地家屋調査士のための不動産ビジネス講座(第 11回)
不動産の証券化とファンドの概略(その1)
不動産鑑定士 小野 兵太郎
ケーススタディ債務整理(第11回)
改正貸金業法下における司法書士の役割−多重債務問題改善 プログラムへの積極的な協力を!−
司法書士 小澤 吉徳
不動産表示登記詳論(各論第72回)
有馬 厚彦
■連載
・商業登記掲示板 泣き笑い千例集
外国為替法!!?対内資本取引??
=今月の管理人=司法書士 稲垣 昭則
・不動産登記掲示板 泣き笑い千例集
登記原因
=今月の管理人=司法書士 白井 勇
・土地家屋調査士の宝箱
年金のおかげ
土地家屋調査士 岩倉 弘和
・裁判実務フォーラム
親の背を見て子は育つ
司法書士 外山 敦之
・私の泣き笑いレポート
土地調査士? 家屋調査士?
土地家屋調査士 光川 徳架
・続・成年後見の現場から
被後見人の財産管理−様々な問題をめぐって−
司法書士 小松 陽子
・民事判例ダイジェスト
建築された建物に重大な瑕疵がある場合と設計者、施工者及 び工事管理者の居住者等に対する不法行為責任(最二小判平1 9・7・6)/土地の使用借権者と民法209条の隣地使用権の 行使の可否(東京地判平17・8・9)/土地を目的とする先順 位の甲抵当権が消滅した後に後順位の乙抵当権が実行された場合 と法定地上権の成否(最二小判平19・7・6)
・実務の現場から
新人事務局職員からみるみやぎ境界センターの取組
みやぎ境界紛争解決支援センター事務局 菅沼  恵一
・判決速報
土地を目的とする先順位の甲抵当権が消滅した後に後順位の 乙抵当権が実行された場合において、土地と地上建物が甲抵当権 の設定時には同一の所有者に属していなかったが乙抵当権の設定 時には同一の所有者に属していたときの法定地上権の成否(最二 小判平19・7・6)

定期刊行誌申込み

誌名 : 月刊 登記情報
  •  2016年5月から1年間  10,381円
  •  2016年6月から1年間  10,381円
  •  2016年7月から1年間  10,381円
購読部数

ショッピングカートを見る

きんざいストアについて

定期刊行誌について