←前のページに戻る

定期刊行誌

バックナンバー

→バックナンバー一覧へ

→金融法務事情 掲載記事検索サービス

関連リンク

金融法務事情

2014年4月10日 号(1991号)


目次

座談会 弁護士法23条の2の照会に対する金融機関の対応
弁護士 佐藤三郎(司会)/弁護士 田畑広太郎/弁護士 京野垂日/弁護士 杉本朗/弁護士 富田隆司/ 三井住友銀行 長谷川卓(司会)/三菱東京UFJ 銀行 中村弘明/みずほ銀行 森永雅彦/三井住友銀行・弁護士 木村健太郎
【担当者解説】
平成25 年度の東京地方裁判所民事第9部における保全事件についての概況
東京地方裁判所 福島政幸
大阪地方裁判所第1民事部における民事保全事件の概況
大阪地方裁判所 森鍵一
【論説・解説】
提携ローン問題等を踏まえた金融機関に求められる反社対応に係る態勢整備上の留意点
――平成25年12月26日付「反社会的勢力との関係遮断に向けた取組の推進について」および平成26年2月25日公表の改正監督指針案の解説ならびに具体的論点の検討――
弁護士 國吉雅男
流動化・証券化・FATCA
――流動化・証券化ビークルのFATCA 対応試論――
流動化・証券化協議会 宮澤秀臣
「貸金業」の該当性に関する一考察
弁護士 村山由香里
【金法判例Digest】
東京地判平24.11.15
■ 時 論
司法の役割を大きくしたい
日本弁護士連合会 村越進
■ 金融法務最前線
産業競争力強化法による社債の元本減免規定の創設と事業再生ADRを利用しない社債リストラクチャリング
弁護士 南賢一
■ ブックレビュー
ノウハウ満載 大阪発の会社非訟本
――『実務ガイド 新・会社非訟 会社非訟事件の実務と展望』――
(評者) 弁護士 阿多博文
■ 連載
実務相談 銀行法
<第29回> 銀行の業務範囲(15)
業務に関する規制(4)(外部委託(3))
家根田正美/小田大輔
新大阪民事執行研究
第8回 大阪地方裁判所における競売不動産評価運用基準(上)
大阪地方裁判所 桑原直子/熊谷聡/佐藤正一/安田広義/戸出周一郎/生田明大/島谷一喜/吹田洋太郎/鳥生雅代/中栄智也/中野左知子/中村由夏/濱田通佳/廣野真弓/山川祥子/吉開正人
裁判最前線
<第6回> 民事事件の取扱い(1)
弁護士 門口正人
■ 法務余(夜)話
銀行貸出の保守回帰と遠のく市場型間接金融という革新
■営業店コーナー
■ 金融判例に学ぶ営業店OJT〈融資業務編〉
信用保証協会との保証契約と錯誤無効――融資金詐取事案――
三菱UFJ 信託銀行 鈴木健之
■ 実務相談室
事業目的利用等の場合の個人名義口座の取扱い
三井住友信託銀行・弁護士 笹川豪介
■ 支店長のための労務管理講座
〈第18回〉派遣労働者が加入する労働組合からの団交要求
弁護士 浜本匠
■ 金融検査結果事例集から学ぶ 営業店のリスク管理
〈第4回〉顧客管理態勢(その2)
弁護士 西村亜希子/石塚智教
【判決速報】
● 【(1)事件】主債務者(融資先)が反社会的勢力関連企業であることは、信用保証協会が金融機関との間で締結した保証契約の要素の錯誤たり得るか(積極)
【(2)事件】主債務者(融資先)が反社会的勢力関連企業であることは、信用保証協会が金融機関との間で締結した保証契約の要素の錯誤たり得るか(消極)
((1)事件=東京高判平25.10.31 (2)事件=東京高判平26.3.12)
● 1 金融商品取引に係る契約の無効を理由とする顧客の取扱銀行に対する不当利得返還請求を当該顧客の意思無能力を認めて認容した第1審判決が控訴審で取り消されて当該請求が棄却された事例 2 金融商品取引に係る取扱銀行の担当者の勧誘行為の違法を理由とする顧客の当該銀行に対する損害賠償請求が棄却された事例 3 金融商品取引に係る取扱銀行の担当者の金融商品の販売等に関する法律所定の説明義務違反を理由とする顧客の当該銀行に対する損害賠償請求が棄却された事例
(大阪高判平24.9.12 原審=神戸地裁姫路支判平24.2.16)

定期刊行誌申込み

誌名 : 金融法務事情
  •  2014年3月から1年間  22,680円
  •  2014年4月から1年間  22,680円
  •  2014年5月から1年間  22,680円
購読部数

ショッピングカートを見る

きんざいストアについて

定期刊行誌について