←前のページに戻る

定期刊行誌

バックナンバー

→バックナンバー一覧へ

→金融法務事情 掲載記事検索サービス

関連リンク

金融法務事情

2015年2月25日 号(2012号)


目次

特別論考
債務者の破産申立義務の歴史からみた倒産法制の課題
弁護士 園尾隆司
■論説・解説
支払承諾依頼者について法的倒産手続が開始した場合の留意点
――最三小判平23.11.22、最一小判平 23.11.24および最一小判平25.11.21を前提に――
弁護士 待場 豊
■担当者解説
民間住宅の早期着工のための住宅ローンの円滑な実施に向けた復興庁の取組みについて
復興庁 小善真司/土手敏行
■債権法研究会報告
〈第3回〉保証債務(その1)
日本政策投資銀行 松嶋一重
■金法判例Digest
東京地判平 26. 1 .17
■時 論
マイナンバー法施行まであと1年
弁護士 渡邉雅之
■金融法務最前線
投資信託の相続に関する 2つ目の最高裁判決
みずほ銀行 藤原彰吾
■ 連載
ここがポイント 倒産・再生手続における金融機関の対応
第13回 民事再生手続における情報収集の基礎
弁護士 尾野恭史
金融機関の反社排除への道
第46回 改正監督指針等を踏まえた金融機関の反社対策(7)
――入口段階(適切な事前審査の実施、暴排条項の導入) ――
弁護士 鈴木仁史
信託コトハジメ
第2回 信託の成立・信託の方法
弁護士 有吉尚哉
さんまエクスプレス
第84回 預金の差押えと配当・弁済金交付
東京地方裁判所民事執行センター
■法制審ニュース
債権法改正の最新動向
第38回民法(債権関係)部会、約款規定を盛り込んだ最終要綱案を全会一致で決定
■法務余(夜)話
格付は、本質的に誤っている
■営業店コーナー
■実務にとどく 相続の基礎と実践
〈第8回〉推定相続人の廃除
弁護士 笹川豪介
■金融判例に学ぶ 営業店OJT〈融資業務編〉
破産管財人による不当利得返還請求に対する不法原因給付の抗弁の可否
弁護士 尾藤正憲
■実務相談室
未成年の子ども名義の預金の払戻し
肥後銀行 粢田 誠
■管理部長の回収日記・実践的回収論
〈第10回〉詐害行為・・・・・・、実は無効
森口充康
【判決速報】
●労災事故により全身麻痺となって長年介護付き施設に入所し、入所中に死亡した被相続人の相続につき、同施設を運営する一般社団法人が被相続人の療養看護に努めた者として特別縁故者に当たると判断された事例
(高松高決平26.9.5 原審=松山家裁西条支審平26.5.2)
●証券会社による仕組債の販売につき、適合性原則違反および説明義務違反等が認められなかった事例((1)事件・(2)事件)
(【(1)事件】東京高判平25.12.10 原審=東京地判平25.2.25)
(【(2)事件】東京高判平25.12.12 原審=東京地判平25.7.19)

定期刊行誌申込み

誌名 : 金融法務事情
  •  2015年2月から1年間  22,680円
  •  2015年3月から1年間  22,680円
購読部数

ショッピングカートを見る

きんざいストアについて

定期刊行誌について