←前のページに戻る

定期刊行誌

バックナンバー

→バックナンバー一覧へ

→金融法務事情 掲載記事検索サービス

関連リンク

金融法務事情

2015年4月25日 号(2016号)


目次

判例評釈
毎月分配型投資信託の販売につき説明義務違反を否定した事例
――東京高判平27. 1 .26――
千葉大学 青木浩子
債権法研究会報告
〈第5回〉保証債務(その2)
三菱東京UFJ銀行 中村弘明
■論説
適格機関投資家等特例業務の見直しが不動産流動化(TK−GKスキーム)の実務に与える影響
弁護士 有吉尚哉
BPO発展に向けた実務面からの考察
――商品性、リスクおよびその発展性について――
三菱東京UFJ銀行 釜井大介
■担当者解説
大口信用供与等規制の見直しに関する銀行法施行令、銀行法施行規則等の改正の概要
金融庁 本間晶/弁護士 矢田悠/金融庁 湯川昌紀/中村美和
■金法判例 Digest
東京地判平 26.4.17
■時 論
公益信託法改正に向けての取組み
法務省 中辻雄一朗
■金融法務最前線
経産省元幹部インサイダー取引高裁判決からの示唆
弁護士 鈴木正人
■ 連載
新大阪民事執行研究
<第14回>差押債権の特定に関する諸問題
    ――包括的差押えとの関係を中心に下 ――
大阪地方裁判所 矢澤雅規/山下真吾
ここがポイント 倒産・再生手続における金融機関の対応
<第15回>再生手続申立て時におけるABLレンダーの対応
日本政策投資銀行 佐伯裕司
金融機関の反社排除への道
<第48回>改正監督指針等を踏まえた金融機関の反社対策(9)
    ――適切な事後検証等の内容――
弁護士 鈴木仁史
信託コトハジメ
<第4回>信託財産〜相殺の制限
三菱UFJ信託銀行・弁護士 鈴木健之
でんさいネット通信
<第7回>平成26年度の「でんさい」の利用状況と利用者からのよくある質問
全銀電子債権ネットワーク
■法務余(夜)話
金融ADR制度の適格性について思うこと
■営業店コーナー
■金融判例に学ぶ 営業店OJT〈融資業務編〉
融資の実行に関する期待権を理由とする銀行の損害賠償責任
弁護士 伊藤慎悟
■実務相談室
自動車保険の継続(更新)における意向把握
共栄火災海上保険・弁護士 藤本和也
■管理部長の回収日記・実践的回収論
〈第12回〉仮差押えの必要性が認められなかった事例
森口充康
■実務にとどく 相続の基礎と実践
〈第10回〉相続分(2)
弁護士 笹川豪介
【判決速報】
●公序良俗に反する無効な出資と配当に関する契約により給付を受けた金銭の返還につき、当該給付が不法原因給付に当たることを理由として拒むことは信義則上許されないとされた事例
(最三小判平26.10.28)
●競売建物の買受人の当該建物の占有者に対する不動産引渡命令に基づく強制執行が権利の濫用に当たるとしてその不許を求めた占有者の請求異議に理由がないとされた事例
(東京高判平25.4.10)

定期刊行誌申込み

誌名 : 金融法務事情
  •  2015年3月から1年間  22,680円
  •  2015年4月から1年間  22,680円
  •  2015年5月から1年間  22,680円
購読部数

ショッピングカートを見る

きんざいストアについて

定期刊行誌について