←前のページに戻る

書籍メニュー

トピックニュース

関連リンク

天災・人災に負けない、強い会社をつくる!

本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方

被災現場からみつめたBCP

本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方 表紙画像
定価
本体1,800円+税
編・著者名
山村武彦著
発行日
2006年7月19日
判型・体裁・ページ数
四六判 並製 240ページ
ISBNコード
978-4-322-10931-3

書籍の画像を拡大表示


著者の略歴

防災システム研究所 所長 防災アドバイザー 山村 武彦
1964年在学中、新潟地震でのボランティアを契機に防災システム研究所設立。1995年科学技術振興功績者として科学技術庁長官賞受賞。1995年阪神・淡路大震災時は2時間後に現地に入り、救助活動及び調査。2004年「平成16年新潟県中越地震」調査。2005年スマトラ沖地震津波・JR福知山線脱線事故・パキスタン地震調査。2006年1〜5月NHK教育テレビ「まる得マガジン・我が家の防災対策」講師。2006年ジャワ中部地震現地調査。過去800回を超える防災・危機管理講演等を通じ防災意識啓発に活躍中。内外の災害現地調査は120回以上、防災・危機管理対策の第一人者。
防災・危機管理マニュアル策定・アドバイス業務実績
イオン株式会社、電源開発株式会社(Jパワー)、住友重機械工業株式会社、朝日新聞社東京本社、伊藤忠商事株式会社、デグサジャパン株式会社、さくら銀行(当時)、東京都水道局、東京都道路整備保全公社、商工会議所等多数。

書籍紹介及び目次抜粋

形式的な防災・危機管理マニュアルでは、実際の災害時には役 に立たない。
◆災害現場からみた本当に使えるマニュアルを専門家がわかり やすく解説。
◆実際の防災危機管理マニュアルを例に逐条解説方式で丁寧に 解説。
◆災害時の事業継続に不可欠な、内部の「非常参集計画表」か ら取引先や地域との「防災協力協定」まで、参考になる文例を多数 掲載。
◆あらゆる災害から従業員を守り、早期復旧と地域貢献を実現 するためのノウハウを凝縮。
●主要目次●
序 章 企業のBCP・防災・危機管理マニュアルのつくり方
1 戦略的リスクマネジメントとBCM(Business Continuity Management)
2 一果に如かず
3 リスク・ヘッジではなく、リスクで稼ぐ時代
4 既存マニュアルの落とし穴
5 企業市民三原則
6 (BCP+BCM)+DPP=防災・危機管理マニュアル(リスク マネジメント)
第1章 事例に学ぶ「安全の死角」
1 企業マニュアルが機能しなかったわけ(阪神・淡路大震 災)
2 シリコンバレーでみた安全の死角(サンフランシスコ地 震)
3 大メーカーを危機に陥れた電子部品工場ダメージ(新潟県 中越地震)
4 過去の災害記憶があだ(北海道南西沖地震)
5 リスクと人事(JR西日本福知山線脱線事故)
6 耐震強度偽装事件と阪神・淡路大震災
7 企業における天災と人災
8 動物は死ななかった(スマトラ沖地震津波災害)
9 イレギュラー作業における事故事例
第2章 マニュアル成功事例
1 早期事業再開を助けた「安全伝票」
2 災害後の業績向上に寄与した「テント営業優先」
3 危機を救った「防災協定」
4 マニュアルにはなかった「とっさの英断」が略奪を防いだ
5 某飲料メーカーの「好感度」
第3章 事業継続管理BCM(Business Continuity Management)
1 リスク統合とBCMの基本概念
2 UGGリスクマネジメント委員会が特定した三つのキーポイ ント
3 テロとBCM
4 リスクマネジメント規格
5 BCMとリスク・アセスメント
第4章 防災・危機管理マニュアル策定準備
1 マニュアル策定会議のメンバーと議題
2 マニュアル策定コンセプト
3 現状の防災・危機管理の把握と情報収集
4 リスク特定
5 災害後、復旧優先事業の特定
6 リスク対策予算・緊急対応資金・防災基金
7 重要拠点の特定
8 防災・危機管理マニュアルの位置づけと他の法令・規定と の整合性
9 レピュテーション・リスク管理
第5章 防災・危機管理マニュアルの策定例とその解説
1 前文
2 目的等
3 基本方針
4 組織
5 事前対策
6 緊急対応
7 緊急社会貢献、復旧・復興
実務編 事前対策およびリスク事象別応急対応Q&A
1 災害等に対する日頃の備え
2 地震時の対応
3 火災・爆発・停電時の対応
4 洪水時の対応
5 テロ・犯罪時の対応
6 苦情(クレーム)対応
7 個人情報漏洩(情報管理)対応

[amazon.co.jpで購入]

[紀伊国屋書店で購入]

ショッピングカートを見る

商品購入

amazon.co.jpで購入

紀伊国屋書店で購入

きんざいストアについて

書籍(電子書籍は除く)について